TOP > 生徒と保護者の声から > 不登校学校復帰して1年経って・・母からの手紙

不登校学校復帰して1年経って・・母からの手紙

中学校1年生で元気学園に入学してきた男子生徒のお母さんから、学園を卒業して1年が経過し、その後の様子と今の気持ちを手紙に書いて送って下さいました。

『元気学園を卒業し、1年経ち、息子は多くの友人もでき、クラブ活動と、追試、補講!?にも充実し、学校生活を楽しんでいるようです。半年お世話になって、人との話し方、接し方、思いやり、考え方を学び、そして体力を付けていただいたことに、本当に感謝しております。
今、息子は、友達と友人関係のことを真剣に話し合ったり、学校でのマラソン大会でも完走し、もっと体の弱い子と思われていた様で、皆にびっくりされたそうです。今年の5月の体育祭では、クラスTシャツの絵に選ばれて本人も大変喜んでおりました。』

とても、活発に学校生活を送っているようで、何よりです。

最 初に相談に来たときには、お母さんは、暗い顔をして、本当に悩んでいるといった感じでしたし、お父さんは、「どうしたらいいのだ」と手の打ちようがなく困 り果てた様子でした。子供の方は、「じゃあ、みんなと一緒におやつでも」と誘っても、体を固くして、動こうとしませんでした。
でも、「元気学園で頑張って、やり直して欲しい」という家族の期待をうけて、自分でも「やってみよう」と思って、決心して来たのだそうです。(入学後、聞いたところ、学園にいる生徒たちをみて、ここなら居られると思ったと言っていました)

ど の子もそうですが、在学中は、いろいろありました。しかし、積極的な教育を行う意味を理解し、学園生活に馴染んでいくうちに、ずいぶんと成長したと思 います。好き嫌いの前に、じっと座って取り組むことが出来なかった勉強にも、一定時間落ち着いて、取り組むことができるようになったことで、イライラせず に授業時間過ごすことができるようになり、「一言多い」という短所が、「人なつっこくて憎めない性格」という長所に変わっていくことで、周りからの評価も 高くなっていきました。急におなかが痛くなってトイレに駆け込む事もしょちゅうでしたが、それが減ってきて、卒業前にはなくなってしまいました。体が大き くなり、体力が付いたおかげで、行動に余裕ができて、その分、周りに気を配ったり、ちょっとだけ無理をして、頑張るということもできるようになって、それ が、今の学校生活で潤いとなっているのだと思います。

学校に復帰して、1ヶ月 ほど経ったとき、「どうにかやっていけそうです」と家族全員で喜んで報告に来て下さいました。その時のお母さんの変貌ぶりには、最初に出会った時と、同じ 人か?と思ったくらいに、若返り美しく、「この家族を苦しめていた、原因を解決することができたのかな」と思うと、深い悲しみの淵から親子が陽の当たる場 所に出てきような印象を受けました。
不登校は子供一人の問題ではなく、家族全員に大きくのしかかる、重圧のような物だったのではないか、それを解決すると、こんなにも、明るい笑顔が、お父さ ん、お母さん、兄弟姉妹、そして、本人からでてくると思うと、柔軟さが十分にある年齢に、早いうちに解決できて、このような手紙をもらえる日が来て、心か らよかったと思います。

元気学園の学校復帰の一番の目的は、「不登校をくり返さないこと」
学園に居る時間が短い子もいれば長い子もいます。それぞれに、必要な事を身につけるのに必要な時間であり、いつかは、家に帰る日が来ます。そこで、また以 前と同じような辛い思いをしなくても済むように、こうして時間が経過しても、「楽しくやっている」「今度こんなことにチャレンジする」といった手紙をもら えることは、元気学園にとって、とても幸せなことです。

前
小中学校の不登校・高校進学の希望を胸に
次
子どもの不登校・親の決断が大切
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 涙と笑いの卒業式
    ああ、思い出すだけで涙がでてくる。
    ああ、思い出すと、吹き出しちゃう。
    涙の一部と、笑いの二部、卒業式の様子です。
    (2018年4月2日)
  • 静岡マラソンに参加、42.195キロへの挑戦
    静岡マラソンは、1万人を超える参加者。
    その中で、フルマラソンおよびファンランの11.6キロに、男子生徒が参加しました。
    がんばりましたよ〜〜〜!
    (2018年3月16日)
  • ふじのくに地球環境史ミュージアム
    地球誕生の頃、46億年前の岩石を触ってきました!
    アウストラロピテクスのルーシーにも出会ってきました。
    三ヶ日原人もいました。
    面白い話をたくさん聞いてきたよ!
    (2018年3月1日)
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2017年7月19日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.