TOP > 活動の記録 > 活動の記録[柿狩りに行ってきました]

柿狩りに行ってきました


今日のバス旅行は、岐阜県大野町のはなまる農園&金華山、岐阜城コースです。

甘いね。おいしいね。
途中事故渋滞で2時間近く遅れつつも、昼過ぎには柿農園に到着。
ひろーーーい、柿農園。もちろん柿は、富有柿。「こんなにたくさんの柿、初めて見た!」
父母や農園の方々が、みんな歓迎してくれます。この家族、とても仲良しです。
昼の1時を過ぎて、お腹はペコペコ。差し入れのお弁当を食べ、柿を剥いてもらってほおばります。
甘いね。おいしいね。

「なるほど〜」と感心
農家の人に、切り方や袋への入れ方を教えてもらって、会話しながら柿狩りをします。
柿が、害虫にやられるとこうなるよと見ながら説明してもらったり、柿の木を上に伸ばすと高い場所に実がなって収穫しにくいので、引く広く広がるような工夫をしているなど、さまざまな知恵を聞かせてもらって、「なるほど〜」と感心します。
柿の木に登ってとっちゃったりして・・・・。木がないと木登りできませんから、つい上りたくなるのです。

熱心です。
元気農園の積極的運営者は、農園につくなり、農家の人を捕まえて、栽培方法を聞き込みます。熱心です。
みんなは、からすよけに張っているピアノ線に引っかかって、あわや転倒!ということが何度もありましたが、からすは上手によけるそうです。
カラス退治には、なんと、本物のからすの死骸。ギョギョー!!!
見せしめにすると、しばらくは来なくなるそうです。
肥料に使っているもみ殻を触っているところ。「気持ちいいね。」となぜか顔がゆるんでしまいます。

柿狩りのあとは金華山に
柿狩りのあとは、続いて金華山に。父母が先導してくれたおかげで、すんなり到着できました。
金華山の山上にそびえる岐阜城をみて、「こんなところに!城が!」と驚いています。
ロープーウェーに乗って登っていきます。
お庭の紅葉がきれいで、ほらこの真っ赤なもみじ。
まだ残っている緑や黄色との配色も絶妙。うっとりします。

上にあがっていくと岐阜城に
さらに、上に上にと上がっていくと、岐阜城に。
駆け上がったところ、もう城が閉まっていたのですが・・・同行してくれた父兄が受付の人と交渉。
そのおかげで、なんと、中に入ることができました。4階まで駆け上がり、望楼の間へ。
濃尾平野を一望できます。長良川、揖斐川が夕日を反射してきらきら光り、山が空と融合し、美しい景色。
「織田信長が、戦ってまで、ここを手に入れて城を築いた気持ちがわかるでしょう」とネゴシエーターの父兄の言葉通りの景色が広がっていました。


このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)
  • バス旅行、浜松城は出世城!
    浜松までバスでお出かけ。新入生は、過去を引きずってきます。不登校に至る過程での思い、ツラかった事、決して幸せではない過去を・・・。それらを、お出かけという気分転換で、吹き飛ばしていこう!!
    (2016年3月31日)
  • 卒業式2016
    答辞は会場中がすすり泣き。
    不登校をしていた頃。
    最初は、叱ったりおだてたりしていたお母さんが、だんだん、何も言わなくなってしまった・・その時間。
    自分なんか、消えてしまえばいい。
    「誰か助けて」と心の中で叫んでいた。
    …涙と感動の卒業式でした。
    (2016年3月23日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.