TOP > 活動の記録 > 活動の記録[名波選手がやってきた]

名波選手がやってきた

今日は、スーパースターが元気学園に来校してくれました。
ジャーン、サッカーの名波元選手です!
みんな、大興奮。
勝利を招く幸運をお裾分けしてもらいたいといわんばかりに、サインしてもらったり握手してもらったり。電子辞書やら、Tシャツ、おっと、単語帳まで(がんばって覚えるのに力をかしてくれ〜ってことか?)。
印象はというと、とっても好青年。スーパースターなのにぜんぜん飾っていない。
そして、みんなと談笑もして、自分の経験を話してくれました。
とってもいい話でした。

元気学園に名波選手がやってきた!
例えば、
学生時代、ライバルがいて、コイツにだけは負けたくないと思っていた。ライバルというと、仲違い、憎いという思いがでてくるが、普段の生活では仲が良い。けれど、ピッチの中では、負けると悔しい。そんな仲だったとか。
このライバルのおかげで、自分を高められたし、また、親友でもあったという話でした。
不登校の子どもたち、傍目でみると大人しそうに見えても、めらめらと炎をもやすように、とっても競争心が強いです(特に女の子)。その競争心が過剰すぎて、うまくいかないことが多いです。名波さんの話のように、親友であり、互いに切磋琢磨できる相手が本当の意味でのライバルであって、競争心なのだということが伝わると良いなぁと思いました。
その他の話としては、たたみ一畳分あれば、練習はできる。
サッカーが好きだからやってこれた。好きなことには一生懸命になれる。
と言っていました。

元気学園に名波選手がやってきた!
そして、どうして長くできたかというと性格がポジティブなことと分析していました。
大きな大会の前に怪我をしてしまったりすると、「なぜ俺なんだ。」と、みんな腹を立てたり自分を責めたりして、刹那的になって挫折してしまうそうです。そうして、やめていく選手が多い中、怪我をしても、「こういうものなんだ。こんな運命なんだ。」と受け入れ、プラス思考なので、それ以上に自分を追い詰めないから、続けてこれたと言っていました。
偉ぶれるわけでもなく、諭そうとするわけでもなく、何気なく自分の話として聞かせてくれたこの話。ものすごく大きな生き方のヒントだと思います。
続けることの難しさ、継続させることの難しさを、日頃感じていますが、大舞台、ここぞという時の、ハプニングは、期待の分だけ落胆が多いものですが、こうして乗り越えてきたんですね。やっぱり、その道を究めた人はすごい!見習わねば。
 こんな出会いを導いてくれた方々に感謝です。

元気学園では、こんな新聞を発行して、名波選手の来校を歓迎しましたよ。


このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 日本平ウォーク
    富士山を見ながら、お散歩。
    19キロコースは、世界遺産の三保の松原まで足をのばします。
    そして、最後は船に乗ってゴール!
    (2018年2月20日)
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2017年7月19日)
  • 家族と行く修学旅行、万里の長城
    家族と共に海外への修学旅行。
    万里の長城へ来てしまった!!
    山ほど世界遺産を見て、おいしい食べ物に舌鼓。
    可愛いパンダにも会ってきました! :-)
    (2017年7月6日)
  • ハッピーバレンタイン 2016
    今年のバレンタインの様子をアップしました!
    女の子たちが、チョコレートをつくるところから、始まって、渡し終わるまでのストーリー。
    さらにさらに、女の子たちの気持ちは、若者だけでなく、世界で一番身近で、だ〜い好きな男性にも向いています。
    さて〜、それって誰かな?
    笑いあり、涙あり、サプライズもありのハッピーバレンタインです。
    (2016年2月17日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.