TOP > 活動の記録 > 活動の記録[エジプト旅行5日目]

エジプト旅行5日目


五日目は“死者の町”へ。
まずは、メムノンの巨像を見に行きました。
とても損傷していて、昔は石がきしむ音がして「メムノンの鳴き声」と呼ばれていたそうですが、現在は修復されています。右の像は隙間が多く、鳩がたくさんとまっていました。

DSCF5618.jpg
王家の谷に向かいます。お腹が痛い、乗り物酔いが続いてつらいという子どもたちもピークに。
「調子が悪い子は、バスで待ってていいよ。」というと、後ろから、にょきっと手だけがでてきて、そこには、学生証が。
気持ちが悪くてはきそうだけど、「何が何でも、王家の谷に行きたい!!」。
こういうのっていいですよね。少々気持ち悪くても、どうにかなるやといって、チャンスを逃さない、興味の心。子どもたちの成長の証です。
とうわけで、みんな、気持ち悪い、お腹が痛いと、苦痛そうですが、心はなえずに、バスからでていきます。

IMG_2122.jpg
歴代ファラオたちの墓がある、王家の谷へ。
ファラオの居場所はなんと言っても広いので、ちょっとの移動が10分20分とかかってしまいます。そこで、タフタフという名の、タフな乗り物のおかげで楽!して移動です。
墓を作る労働者たちは、盗掘されないために目隠しして連れてきたのだそうです。それだけ、財宝が山のようにあるということですね。
お墓の内部は、壁全面が美しいレリーフ。天井には星空、壁にはファラオを守るために神様が描かれています。何千年も経った今でも、まだ当時の色が残っています。サンゴ、マラカイトなどで色を付けたそうです。その美しさに、みんな感動しました。

IMG_0511.jpg
ツタンカーメンの墓は、ここのみ別料金。
でも、当然入ってみます。おばけはいませんからご心配なく(^^)
あの麗しのツタンカーメン、考古学博物館でみた、財宝の数々を想像しながら、中に入ります。
「あれれ?」
「これだけ?」
何にもないし、飾りもないし、きれいでもない。でもでもでも、何か、あるべきものがない空虚さが漂っていて、ここにツタンカーメンが眠っていたんだ。とロマンを馳せます。

DSCF5621.jpg
エジプトを貿易で栄えさせた女王、ハトシェプスト。彼女の建てた葬祭殿は、他のファラオのものと違い繊細で女性的な感じがします。けれど、所々に立つ彼女の像は、男性の服装をしていて、とても凛々しくて格好いい。立派で賢く、そして誰よりも、富と権利と名誉欲が強かったのではないでしょうか。壁のレリーフがとても美しい遺跡です。

DSCF5626.jpg
ナイル川でクルージング!
爽やかな風の中、船が水面をかき分けゆったりと進んでいきます。ゆっくりのんびりしたい時には丁度良い。
水が光を反射してキラキラ光っています。川辺には、人の他にラクダやロバものんびり休みに来ていました。
すこし船酔いしてしまった人もいましたが、楽しかったです。

DSCF2073.jpg
置物屋さんへいきました。
神様やファラオなどの置物が並んでいます。左は玄武岩、右は夜行石の置物です。
なぜかか作業場に「双龍」と書いてあったそうです。アジア系観光客が良く来る店なのかな?
置物の作り方の過程を見せて貰いました。大変根気のいる作業です。
お買い物タイムでは、いきなり法外な値段を言われ、「何だって!?(@_@)」
負けじとばかりに値段交渉をして、お土産を買いました。
海外に住んだ経験のある子が、得意な英語と、押しの強さを全面に出してくれて、とても役に立ったようです!!

DSCF5627.jpg
今日の食事はハト料理。みんな、鳩を食べるのは初めてなので、びっくりしていました。エジプトではよく食べられているのだそうです。
とても柔らかくておいしかった。けれど、思ったより小さく、鳥そのままの形で出てきたので、なんだかかわいそうでちょっと食べるのをためらってしまいました。
他にも、トマトスープや、デザートのココナツプリンがおいしかったです。ごちそうさま〜!


このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2017年7月19日)
  • 家族と行く修学旅行、万里の長城
    家族と共に海外への修学旅行。
    万里の長城へ来てしまった!!
    山ほど世界遺産を見て、おいしい食べ物に舌鼓。
    可愛いパンダにも会ってきました! :-)
    (2017年7月6日)
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.