TOP > 活動の記録 > 活動の記録[エジプト旅行2日目]

エジプト旅行2日目

二日目、起床は早朝!でも、みんなしっかり起きてます。なぜかモーニングコールが10分遅れたり、何度も何度も電話がかかってきたりといったハプニングもあったそうですが…。朝ご飯を食べて、ホテルを出発。周囲には、銃を持った警察の人が、ガードしています。その物々しい雰囲気、日本では考えられません。バスの中から外を見ると、色々おもしろいものを発見できます。例えば、ロバのひく馬車。ロバって日本ではあまり見ませんが、エジプトでは馬よりも一般的なんだとか。キャベツと人を荷台に載せて、歩いていました。

IMG_1743.jpg
ギザのピラミッドに向かいます。バスの中から見えた雄姿に、みんな、「キャー、すごい!!」と大興奮。なにせ、教科書で見たあのピラミッドが目の前にあるのですから!
近くで見ると、ひとつひとつの石が自分の背丈くらいあります。こんなに大きいとは思わなかったと、みんな驚き!こんな大きな石を、どうやって運んで積んだのだろう?完成までどれくらいかかったのかな?どうしてこんなきれいな形に作れたの?疑問は尽きません。
みんなピラミッドを目の前に大はしゃぎ、石の上に上っていたら、「早く降りなさい」と警備員さんに注意されてしまいました。
ピラミッドの内部にも潜入!道は狭くて、蒸し暑く息苦しかったです。
スフィンクスとピラミッドが綺麗に見える場所を選び、記念写真をパチリ。

IMG_0430.jpg
ここで事件発生。ピラミッドの前で一人行方不明になって大騒ぎ。初日1発目から(>_<)探した結果、見つかったのですが・・・・・ピラミッドの陰で、バクシーシをせがまれていたとか。
とにかく無事で良かった。

IMG_1807.jpg
らくだに乗りました。「怖がらずに自分を信じてつかまれば落ちないよ」と言われ、必死にしがみつきます。背が高くて、揺れが激しくてちょっと怖かったけれど、楽しかった!いい体験になりました。
らくだを引いているのが、まだ小学生くらいの子供でびっくり。
幼い子どもが働いています。
昼食のメインはナイル川で捕れたボラ。他にも、カレー味のご飯や、アエーシというゴマのペーストなど、ボリュームたっぷりでした。

IMG_1882.jpg
次は、モハメド・アリ・モスクへ行きました。周囲は、シタデルという、サラディンの作った城塞に囲まれていて、荘厳な雰囲気。
内部はドーム状になっていて、声が良く響きます。試しに「わーっ!」と叫んでみたら、わーっわーっわーっ……と、長い残響が聞こえました。この中でコーランを唱和したら、神秘的だろうなぁ。
大きな井戸もありました。底は真っ暗。「バンザーイ!」と底に向かって叫ぶと、声が暗闇に吸い込まれそうな感じがしました。

IMG_0398.jpg
カイロ考古学博物館は、様々なエジプトの遺産が展示された、大きな博物館。なんと、全部で150万点もあるんだそうです。中は広くて、とても涼しい。ツタンカーメンの秘宝や、ミイラの部屋は別料金です。学生証を持参したので、学割がききます。みんな、本物の黄金のマスクを見て感動!副葬品も色とりどりで、本当に綺麗でした。ツタンカーメンと、妻アンケセナーメンの仲睦まじい姿が描かれた椅子を見て、昔の人も愛情は変わらないんだな、と温かい気持ちに。
ミイラ室には、ラムセス2世をはじめとした歴代のファラオのミイラが並んでいます。「すごい、歯や髪の毛がまだ残ってる!」
エジプトを貿易で豊かにした、ハトシェプスト女王のミイラもありました。

IMG_0368.jpg
エジプトを代表する食べ物として、なつめやしが挙げられます。大きいものでは高さ45メートルにもなるんだそう。赤や黄色の小さな実を付けます。干した実の味は干し柿に近く、甘くて、栄養価も高い。現地のお土産屋では、チョコレートなどで包んだお菓子を売っています。最近は、これをもっと商品として売り出そうと、550万本もなつめやしの木を植えたそうです。(余談:この「なつめやし」日本では、広島風お好み焼きでは欠かすことのできないおたふくソースの原料です。)

IMG_0371.jpg
二日目最後はパピルス屋さんでお買い物。先生の交渉の結果、15%offで買うことが出来ました。
パピルスの紙は、固くてぱりぱりしていて、とても丈夫。折っても折り目が付きにくい。偽物はサトウキビやバナナの葉でできたものが出回っているそうです。みんな早速値段交渉しながらお土産を買いました。
ホテルで夕食を取り、おやすみなさ〜い。


このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)
  • バス旅行、浜松城は出世城!
    浜松までバスでお出かけ。新入生は、過去を引きずってきます。不登校に至る過程での思い、ツラかった事、決して幸せではない過去を・・・。それらを、お出かけという気分転換で、吹き飛ばしていこう!!
    (2016年3月31日)
  • 卒業式2016
    答辞は会場中がすすり泣き。
    不登校をしていた頃。
    最初は、叱ったりおだてたりしていたお母さんが、だんだん、何も言わなくなってしまった・・その時間。
    自分なんか、消えてしまえばいい。
    「誰か助けて」と心の中で叫んでいた。
    …涙と感動の卒業式でした。
    (2016年3月23日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.