TOP > 活動の記録 > 活動の記録[8月6日に行く広島旅行]

8月6日に行く広島旅行

8月6日の平和祈念式典に行くために、2泊3日の旅。冒険旅行も兼ねています。広島まで行きは電車で、各駅で途中下車しながら旅を楽しみます。そして、帰りは、一人の先生が静岡からバスを走らせてきてくれて、そのおかげで、広島、赤穂、姫路と各地を観光することができ、居眠りしながらのんびり帰ってくることができました。こうした体験学習から、外の世界に目を向けて、知識を得ることの楽しみや、それによって興味を膨らませていってもらいたいと思っています。

姫路駅では駅そばを
朝の6時半に寮を出発!青春18切符で広島までいくぞ!途中、米原を過ぎ、姫路で昼食。電車の旅なのですから、駅弁か駅そばと決まっています!今回は、名物の駅そばを食べました。姫路駅のそばは、昔懐かしい味のB級グルメとして有名なのです。更に岡山、福山などで乗り換え、一日のうちに各地を巡れるのが電車の旅のいいところ。車窓からの風景もそれぞれの土地で違うなぁ…。電車で長時間移動するということはあまりないので、良い経験が出来ました。

広島旅行
広島で一泊して、6日、平和祈念公園に行きました。到着するとすぐに、原爆ドームが見えました。爆風でむき出しになった鉄骨が、原爆の惨禍を今に伝えています。
式典では、あの麻生総理大臣や、広島市長、小学生代表などがスピーチをしていました。そして原爆の落とされた8時15分、亡くなった方々の冥福と、平和への祈りを込めて、1分間の黙祷を捧げました。戦後半世紀以上経っても、こうして鎮魂に集まる家族への思いと平和を願う気持ちを、みんなに感じて欲しいです。
その後は、フェリーに乗って宮島へ。厳島神社の余りに物美しさに感動!!!。ちょうど引き潮で、鳥居のすぐそばまで歩いていくことができました。ラッキーですね。おっと、忘れてはいけない広島ではお好み焼きです。美味しいお店をリサーチして、行列ができているか確かめて、OK。大盛りのお好み焼きをぺろりと食べました。

hiroshima3.png
ホテルに一泊して、赤穂に立ち寄ります。歴史に詳しいスタッフが、ずっと説明してくれたので、赤穂浪士のいきさつなど、みんな、「そうだったのかぁ?!」と感心して聞きます。
貴重な塩、ゆえにそれから生まれる富がからんでいると知って、赤穂浪士の違った一面が。一部の中高生には、ちょっと難しかったかな・・・。
その後、姫路城へ。ぐるっとまわって、これも説明を受けながら見るので、知識と経験が融合していきます。


このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)
  • バス旅行、浜松城は出世城!
    浜松までバスでお出かけ。新入生は、過去を引きずってきます。不登校に至る過程での思い、ツラかった事、決して幸せではない過去を・・・。それらを、お出かけという気分転換で、吹き飛ばしていこう!!
    (2016年3月31日)
  • 卒業式2016
    答辞は会場中がすすり泣き。
    不登校をしていた頃。
    最初は、叱ったりおだてたりしていたお母さんが、だんだん、何も言わなくなってしまった・・その時間。
    自分なんか、消えてしまえばいい。
    「誰か助けて」と心の中で叫んでいた。
    …涙と感動の卒業式でした。
    (2016年3月23日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.