TOP > 活動の記録 > 活動の記録[日本平桜マラソン]

日本平桜マラソン


マラソン、全員が完走できました。
おめでと〜〜〜〜〜。
それにしても、記録を見ると、みんな上位。
驚くほど、記録が良い。
今日の日のチャレンジのために、準備をしてきた結果です。
入学してきたときは、心臓のポンプが弱い子たちばっかりだけれど、日々の訓練って本当に、人間を変えていきます。
しかも、そんなに練習してないのになぁ〜。
毎日ちょっとだけを積み重ねていて、決して泣きながらなんてあり得ない、つらいと続きませんからね。でも、少しずつが、こんなにも大きな成果につながる。身をもって実感したのでした。
これが、元気学園方式。勉強もこのペースで、気がつくと、実力がついて、国公立大学の扉も開いていくのです。

m1png.png
日本平桜マラソンのスタートとゴールは、「草薙運動場」。
まずは受付を済ませ、ゼッケンとタイムの計測チップを受け取ります。
スタッフの方が、「頑張ってくださいね〜」と言いながら渡してくれました。

m2.jpg
写真は、ゼッケンをつけ合いっこしている様子。
背中には自分でつけられないので、お互い助け合います。
計測チップは靴にしっかりとくくりつけました。
準備運動をし、黄色いハチマキを巻いて、みんな気合バッチリです!
早めに並びますと意気揚々と出て行った三人組。あれっ、姿が見えないなぁ・・。後で聞くと、「日に当たると消耗するから・・」と、ベンチで座っていたそうです。その前を次々通っていく選手たちから、どうしたの?と訝しげに見られながら・・・。いやぁ〜、この三人、トップ10入りしたのですが、想像するとミスマッチで笑ってしまいました。

m3.JPG
桜マラソンには、ハーフ(23.5?)、10キロ、5キロのコースがあります。
女子は全員5キロに参加し、男子は5キロ、10キロ、高校生男子6人組はハーフマラソンに挑戦。
最初にスタートしたのは、ハーフのランナーたち。
青山学院の選手が招待選手として参加する中、学園の男子2人が全力疾走!
トップでスタートを切り、会場の外へと飛び出していきました。
その後、数分間隔をあけて、10キロ、5キロも順調にスタート。
黄色いハチマキが目印となって、2000人近くいる人ごみの中からも、みんなを確実に発見できます(^^)
ちょっと暑いけど、水分補給しながらみんなガンバレー!

m4.jpg
桜マラソンという名の通り、コースの沿道には桜が咲いています。
今年はタイミングが良く、どの桜もちょうど満開で、とてもきれいでした。
ただ、ランナーで走っている子たち、特にタイムを狙っている子たちは「走るのに必死で全然見れませんでした…(^^;)」とのこと
桜舞い散る中、みんな一生懸命走ってました。
途中折り返し付近では、ランナー同士、○○君、がんばってね。○○さん、がんばって!と声を掛け合ったそうです。
わー、○○君に励まされちゃったから、がんばっちゃおう!って思いましたよ〜。
卒業生たちが、苦しい場所で応援してくれているのは、経験者ならでは。
ふと気づくといて、「ウィスパーボイスで皇室みたいに静かに手を振って、○○さんがんばって〜」と言ってくれたから、笑って元気出た!!
走る前に、「応援してるからね!」と声かけすると、「つらいときに、応援されるの好きじゃない」と言っていたのですが、走り終わって、「やっぱり、嬉しかったです!」。
も〜、あまのじゃくなんだから。
毎年同じ場所で応援してくれる父母もいて、「そのおかげでひと頑張りできた」。
応援のおかげで、エネルギーがでてきます。

m5png.png
どのコースに参加した子も全員完走。
拍手、拍手、拍手!!!
完走証を手に、笑顔(#^^#)
なんと、女子は2人が6位入賞しました!
1キロ4分ペース…は、はやい!!
それ以外の子も、「去年より5分タイム縮まりました〜!」と嬉しそうに報告してくれたり、「去年より、苦しくなかった!」と、みんな体力がついていることを実感したみたいでした。
一人、7位で、入賞を逃した生徒は、そりゃもう悔しがっていました。
でも、しばらくすると爽快な顔つきに。「入学してきた年からすると、7分も縮まったんですよ。あともうちょっとだから、来年リベンジしたいなぁ〜。」

m6.jpg
ハーフマラソンでは、同級生に追いつかれた男子が、被っていた帽子を脱ぎ捨てて(!)、最後全力疾走をし、学園生の中で1番にゴールしたという話や、頑張りすぎて、途中で鼻血が出てきてしまった(^_^;)。トランスジャパン優勝者でギネス記録保持者の望月さんと一緒に走ったと大喜びしたり。スタートから、トップ集団についていっていたら、へばってしまったという実力ナンバー1の男子生徒。先生曰く、「おまえ、走るのが職業みたいな人と競ってもムリだろ〜」。「考えてもわからなかったけど、走ったらわかりました(^_^;)」。良い経験をしたね。
いろんなエピソードがありました(^^;)
アシスタントは、先月フルマラソンに出場したばかりで、のんびり余裕で帰ってきました。「桜見ながら走ってたら、タイムのこと忘れてたなぁ〜」。心配して、電話しちゃった。すぐに出たから、それもびっくりしてしまいました。

m7.jpg
みんな完走して満足気。
すっきりした顔をしています(*^^*)
父や母から、すごいね〜〜を連発されて、まんざらでもありません。
だってね、家でゴロゴロしていた時期から考えたら、
Wonderful以外の何ものでもない。
いい笑顔で、青空をバックに写真をパチリ☆
父母たちが喜んでくれて、これも子供たちの心の栄養素。
マラソンで走り切ったという事が、自信に繋がるね!


このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2018年5月14日)
  • 涙と笑いの卒業式
    ああ、思い出すだけで涙がでてくる。
    ああ、思い出すと、吹き出しちゃう。
    涙の一部と、笑いの二部、卒業式の様子です。
    (2018年4月2日)
  • 静岡マラソンに参加、42.195キロへの挑戦
    静岡マラソンは、1万人を超える参加者。
    その中で、フルマラソンおよびファンランの11.6キロに、男子生徒が参加しました。
    がんばりましたよ〜〜〜!
    (2018年3月16日)
  • ふじのくに地球環境史ミュージアム
    地球誕生の頃、46億年前の岩石を触ってきました!
    アウストラロピテクスのルーシーにも出会ってきました。
    三ヶ日原人もいました。
    面白い話をたくさん聞いてきたよ!
    (2018年3月1日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.