TOP > 活動の記録 > 活動の記録[静岡マラソン、42.195kmに挑戦!]

静岡マラソン、42.195kmに挑戦!


フルマラソンに初挑戦!生徒たち、どんどん、新しい道を開いてくれます。
道ができると、あの人ができたなら、自分も?!と思えるのが、身近にお手本がいる長所。
目の前で見せて、やってくれるのですから、それに続け〜〜〜!!
子どもたちのチャレンジする心、応援します。

m1.JPG
今回は、11.6キロコースのファンランに11人、42.195キロのフルマラソンに2人挑戦しました。
スタート場所は、どちらのコースも静岡県庁の前。
みんな、目印の黄色いハチマキを巻いて気合バッチリ!
「(関西弁で)見とってくださいよ!」と、打倒ライバルを宣言する子がいたり、口にはしないけど、「あいつには負けたくない!」と思う相手が、それぞれいるようです。

m2.JPG
フルマラソンは、1万2千人の人の波。黄色いハチマキを探して、がんばって=====!!
ファンランの11.6キロの方は、最前列に位置どる元気学園の男子生徒たち。
「スタート10秒前…」と秒読みが始まります。
「3、2、1…」
「パァン!」
号砲と同時に、勢いよく飛び出していきます。トップだ!!
ガンバレーーー!

m3.png
フルマラソンの方は、コースが長い分、各場所に応援部隊を配置。
あっちだ!、こっちだ!と走って走って・・・(-_-;)。応援も忙しい。
わー、間に合わない、走れー!「せんせー、かばん持ちましょうか?」小学生男子が、こんなことを言ってくれるようになりました。優しいお兄ちゃんになってきたね。
今回は参加しない女子たちは、ゴール前で応援。
男子がゴールに帰ってくると、「○○くーん!ガンバレー!」と黄色い声で声援を送ります。
すると、へとへとなのに、スイッチが入ったように全力疾走する男子。
ママから、「・・・私が声をかけても、手を振っただけなのに・・・(^_^;)」
悲しまないでママ!、正しく成長している証です!!
女子の応援のおかげで、タイムが短縮しちゃいます。

m4.png
11.6キロを走り終え、ついにゴール!
全員無事、走り切りました。
しかも、1番で帰ってきた男子は、一般の参加者を入れても、2位の成績でゴール。
他も、上位に入る、素晴らしい走りでした。
熊本から応援に来ているお父さんお母さんは、感無量の喜び。
「うちの子、ここに来る前は、体調不良で家でごろごろしていたんです。こ〜〜んなに元気になって、どのお子さんも、いい顔していますね。輝いていますよ。本当、よかった。よかった。嬉しいです。ありがとうございます。」
母の言う通り、みんな、輝いていましたよ。

ランナー全員で写真撮りたいんだけど・・・。
あれ、いないね、あの子もいない、この子もいない。どうしたんだろ?
せんせー、あっちで、トン汁食ってます。
ナヌ、トン汁?!

m5.JPG
完走した人には、完走証が渡されます。
ちゃんと、名前とタイムが記録されています。
でも、あれっ?順位は出てないの?
「ファンランは出ないそうです。表彰式もないって聞きました。」
アララ、残念(^^;)
でも、ゴールを見ていた人たち全員が2位でゴールしたという証人です。
次の4月にある「日本平マラソン」は順位が出るから、それに向けて頑張ろう!

m6.JPG
こちらはフルマラソンの様子。
スタート地点から静岡市内を走った後、安倍川橋を渡り、10キロ続く海岸線に出ます。
こちら写真は、本館前の海沿いの道。
応援部隊も駿府城から移動し、こちらもしっかり応援します。

m7.JPG
しかし、こちらはなにせ参加者が一万人以上と多いので、2人を探すのに一苦労(^^;)
こういう時にも、チームプレー。
「あっ!○○さん来ました!」と、誰かが発見して、走りながら、バトンリレーで連絡。
みんながいると、とても助かります。
おかげでちゃんと応援できました(^^)

m8.JPG
応援していると、「みず〜、みず〜?」という叫び声。
えっつ、水?、誰か持ってない?
「私持ってる!」という子のペットボトルを、足の速い子が追いかけて、何とか渡すことが出来ました。
ナイス連携です!

m9.png
フルマラソンのゴールはJR清水駅近く。
そこまでの42.195キロを走り切り、参加した2人ともゴール出来ました。
フルマラソンの方は、完走すると、完走証だけでなく、完走メダルももらえます。
金色に輝くメダルが誇らしげ。
それを見て、「僕も出ればよかった〜」「出れば、よかったーーーーーー」。
(走っている間中、誰かに応援してもらえるじゃないですか、めっちゃ、気持ちよさそう)
←from男子高校生

m10.jpg
参加した生徒だけでなく、出なかった子にも大きな刺激になったようです。
「僕も、フルマラソンできるかな?、私も、ゆっくりでいいなら出てみたいなぁ〜。」
フルマラソン出場者の二人は、元気学園のパイオニア。あの人たちにできるなら、できるかも?!と、目の前で見せてくれるのです。
これって、人間が、チャレンジする時、教育にとっても大切な事なんですよ。
「あの人ができるなら、自分もっ」て気持ちがね!!


このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2018年5月14日)
  • 涙と笑いの卒業式
    ああ、思い出すだけで涙がでてくる。
    ああ、思い出すと、吹き出しちゃう。
    涙の一部と、笑いの二部、卒業式の様子です。
    (2018年4月2日)
  • 静岡マラソンに参加、42.195キロへの挑戦
    静岡マラソンは、1万人を超える参加者。
    その中で、フルマラソンおよびファンランの11.6キロに、男子生徒が参加しました。
    がんばりましたよ〜〜〜!
    (2018年3月16日)
  • ふじのくに地球環境史ミュージアム
    地球誕生の頃、46億年前の岩石を触ってきました!
    アウストラロピテクスのルーシーにも出会ってきました。
    三ヶ日原人もいました。
    面白い話をたくさん聞いてきたよ!
    (2018年3月1日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.