TOP > 活動の記録 > 活動の記録[日本平ウォーク]

日本平ウォーク

富士山を見ながら、ぐるっとお散歩するイベント、日本平ウォークに参加しました。
一般の人や、清水エスパルスの選手や、いろんな人に紛れて、13キロのコースと19キロのコースに分かれて、歩きます。
お寺や施設の観光をしたり、説明を聞いたり、お菓子を食べたり、気持ちよい天気に恵まれて、山道を歩きました。

1j.jpg
スタート場所は草薙にある「中吉田公園」。一般の人も大勢エントリーしています。
受付でパンフレットと記念の缶バッチ、お茶の飴をもらいました(この飴、おいしいんですよ)。
腕にシールを張り付けていざ、出発!
スタートする前に、静岡のサッカーチーム「清水エスパルス」の市川選手と記念撮影をしました。
現地まで、バスでの送迎の為、時差があります。男子からスタート、20分ほど遅れて、女子がでていきます。どちらも、意気揚々。

2j.jpg
出発すると、まず先にルートの確認をするみんな。
スタートとゴールは同じですが、途中の経路が違います。
話が、13キロと19キロと行き来しますよ。ついてきてくださいね〜。
女子は全員13キロコース、男子は13キロと19キロを行く子に分かれました。
13キロコースの子は県立美術館の方へ、19キロコースを行く男子たちは草薙駅方面へと歩き始めます。
みんな、道に迷わないでね〜。

3j.jpg
この日は少し肌寒いくらいの日で、ウォーキングにはぴったり。
風があまりなく、お天気も良好で、川の水が日光を反射してきらきらと光っていてきれいでした。

4j.jpg
一つ目のチェックポイント「平澤寺(へいたくじ)」に到着です。
平澤寺は平安時代、行基が千手観音像を納めたとされる、駿河七観音の一つだそうです。
平澤寺で無事にゴールできるようお参りをしたり、鐘をついてみたりしました。

5j.jpg
日本平ウォークはスタンプラリーもあり、各チェックポイントで、パンフレットにスタンプを押してもらえます。
給水所もあるのですが、用意してくれているのは、もちろん静岡の名産品、緑茶です。
水分を補給してリフレッシュし、再び歩き始めます。

6j.jpg
日本平の頂上を目指して上へと進んでいくと、坂が急になり、道が険しくなってきます。
1人ずつしか通れないくらい狭い道。
「洞窟みたいだった!」というのがみんなの感想。探検気分を味わえたそうです。

7j.jpg
急な坂と狭い道を抜けた、と思ったら、果てしなく続く階段。
みんなに疲れの色が出るころです。
そんなときはちょっと休憩。
バスの中で先生にもらったポカリ、ありがたや!!ゴクンと飲んで、元気を出します。
階段を昇れば、もう頂上です。

8j.jpg
頂上に着きました!
チェックポイントの「日本平ホテルです」。
抹茶のクランチと静岡県産のイチゴをもらい、糖分補給。
ここからの富士山の見晴らしは最高で、清水港も見下ろせます。
みんなは富士山をバックに記念撮影。
これから日本平を下ります。

9j.png
さぁ、出発!と歩き出すと、後ろから「よかった、追いついた〜」という声。
「あれ、1番後ろを来たつもりだったんだけどな…」。
振り返ると、「お先に〜〜〜」と、1番に走ってスタートしていった2人が息を切らして近づいてきました。
「えっなんでこんなとこいるの?」「実は、曲がるとこの看板見落としてしまって…(-_-;)30分くらい、コースと全く違うとこを走ってました。…。」とのこと。
そこから来た道をまた30分かけて走って戻り、日本平ホテルまで駆け上がって来たんだそうです(ゼーゼー)。
ちなみにこの2人、この後ずっと走り続けて前のグループを追い越し、学園生の中で1番にゴールしたそうです。2人の脚力、あっぱれです。

10j.jpg
日本平の坂を下り、ミカン畑と茶畑を抜けると、「IAIスタジアム日本平」のチェックポイント。このスタジアムはサッカー専用のスタジアムで、Jリーグベストピッチ賞を全国のスタジアムの中で最多受賞しているそうです。

11j.jpg
コース中のいたるところで、サッカーボールをモチーフにした像やオブジェがありました。
静岡が「サッカーの街」や「サッカー王国」といわれるだけありますね。

12j.jpg
19キロコースは日本平を下った後、三保の松原の海岸を歩きました。
世界遺産になった三保の松原だけあるなぁ〜。
いい天気で視界はバッチリ!
富士山がとてもきれい。

13j.jpg
こちらは13キロコース。
「龍華寺」と「鉄舟寺」、「梅蔭禅寺」を回り、住宅やお店の立ち並ぶ道に出てきました。
ここまで約10キロ。「お腹すいてきた〜」とエネルギー切れのサインが出てきましたが、ゴール地点の「エスパルスドリームプラザ」にある観覧車が少し見えてきて、みんなの気持ちが高まります。
「もうちょっとだよ、頑張ろう!」声を掛け合って歩を進めます。

14.png
こちら、19キロチーム。三保の松原を歩き切り、塚間の渡しにたどり着いた男子チームは、渡し船にのってゴールへ向かいます。
わーい、船だ船だ!
思ってたより船が小さかった(どれだけ大きいの想像してたの?)そうですが、富士山という絶景と、涼しい風、船にのんびり揺られて、19キロ歩いて疲れた体も癒されました。

15.jpg
男女全員、無事ゴール出来ました!
13キロと19キロを約4時間かけて歩き切れたのも、日ごろしっかりと運動している成果です。
入学してきて1か月ほどの小学生もしっかり歩けました。
「すごいね〜、頑張ったね!」とお姉さんたちに褒めてもらって、とてもうれしそう。また1つ自信がついたね!

16.jpg
ゴールの受付で、完歩証をもらいました。
13キロと19キロ、実際歩いてみると長い距離ですが、歩き切るとかなり達成感があり、完歩証はその証拠です(^^)
みんな「疲れたけど、それ以上に楽しかった!」とのこと。
林の中を歩いたり、富士山を見たり、自然からエネルギーをもらった1日になりました。


このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2018年5月14日)
  • 涙と笑いの卒業式
    ああ、思い出すだけで涙がでてくる。
    ああ、思い出すと、吹き出しちゃう。
    涙の一部と、笑いの二部、卒業式の様子です。
    (2018年4月2日)
  • 静岡マラソンに参加、42.195キロへの挑戦
    静岡マラソンは、1万人を超える参加者。
    その中で、フルマラソンおよびファンランの11.6キロに、男子生徒が参加しました。
    がんばりましたよ〜〜〜!
    (2018年3月16日)
  • ふじのくに地球環境史ミュージアム
    地球誕生の頃、46億年前の岩石を触ってきました!
    アウストラロピテクスのルーシーにも出会ってきました。
    三ヶ日原人もいました。
    面白い話をたくさん聞いてきたよ!
    (2018年3月1日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.