TOP > 活動の記録 > 活動の記録[涙の卒業 2016]

涙の卒業 2016


今年の答辞は、会場中がすすり泣き。
不登校をしていた頃。
最初は、叱ったりおだてたりしていたお母さんが、だんだん、何も言わなくなってしまった・・その時間。
自分なんか、消えてしまえばいい。
「誰か助けて」と心の中で叫んでいた。
そして、やってきた元気学園。最初は、不安で、不安で仕方なかった。
でも、先生がいた。優しい先輩たち、愉快な仲間がそこにいたからそんな気持ちも吹っ飛んでいった。楽しいイベントが次々あって、お腹から笑うことができるようになっていった……

IMG_5119.JPG
不登校の子どもたちが、どうやって、自分を持ち直していくのか。
そこには、どんな人がいて、どんな助けがあるのか。
壁を越えていく過程をたどるような答辞に、自分やわが子を重ね合わせて、涙・・・涙。
ブログに、卒業式のコメントをたくさんいただきました。
ありがとうございます。>卒業式ブログコメント

IMG_3873.JPG
<卒業式 一部>
送辞も、一人一人へのメッセージ。学園生活の中での、親が知らない一面をチラリと見せてくれます。
合唱曲は、「旅立ちの日に」「この星に生まれて」。清らかな歌声が響きます。
「青春」の詩の朗読では、卒業生たち、一人一人の、堂々とした姿、張りのある声。

IMG_3872.JPG
先生や来賓からのことば。
青少年の医療に携わるドクターからの、「君たちは運がいい」。なおせる場所に出会えること自体、運がいいんだよ。
どの先生たちの言葉も、真の愛に満ちています。

IMG_3870.JPG
卒業式の記念品は、手作りです。どんなふうに作っているかは、元気学園のムービーシリーズに入っています、どうぞ。
自分で選んだ字を書いた書道の作品。
先生の指導のおかげで、しっかりかけています。父母が、感激していました。記念のお土産として持ち帰りました。家に飾ってあるんじゃないかな。

IMG_5136.JPG
<卒業式 二部>
そして、第二部。
感動的な一部とは打って変わって、笑いの渦。
男子たちのアンクルン。インドネシアの伝統的な楽器を披露します。
おっと、前日にすることに決まったので、3度のやり直し。
最後には、和音が美しく決まって、「故郷」アンクルンバージョン、完成です。
中3女子の切れキレダンス。
練習に、練習を重ねているらしく、どんどん上手になってしまって、中3女子、仲良しです。

IMG_5166.JPG
三人組のコント。これまた、前日まで、なんだかんだとハプニング発生だったのですが、本番は上出来。
前日に、「女の子たちの力でどうにかして」と頼んだら、女子たちが丸く収めてくれて、中3男女は、力を合わせています。
なかなか面白くなっていて、合格!!

IMG_5149.JPG
次に二人組のコント。
えっつ、こんなこともしちゃうの?
と、生まれて初めての姿にお父さん、目がマンマル。
人とは一歩も二歩も距離をとって、人の中ではうつむいていたのに、仲間と意気投合。
僕、滑舌悪いんですよ〜と悩んでいましたが、大奮闘。
面白くって、吹き出しちゃいました。

IMG_5172.JPG
さて、女子中3チームのコント、万引き犯とアルバイト面接に来た二人組を勘違いしている店長とのちぐはぐさが、大うけ。
マシンガントークに負けない、双子たち。
あれあれあれ、・・・・ほんの数か月前に入学してきた頃は、過呼吸なんか起こしていたのに。
毎日、心身共に安定しています。
幸せっていいね。
そして、なんと、卒業式に向けて、年末から練習していたという三人組。
見せ場にかける情熱が、桁違いです。
女子は、ネタも自分たちで書いているので、すごいですね〜。

IMG_5183.JPG
男子中3生のダンス。
あの子たちが、こんなダンスするんだ・・・・。
上手くなればなるほど・・・・笑えなくなっていく?!
車のバックミラーを鏡に仕立てて練習なんかしちゃったりしていましたから!
入学してきた頃、手をまっすぐあげるというだけで、一苦労だったのに・・・と思うと、感無量です。
父母は、大喜びでした。

s_IMG_5197.jpg
卒業生と有志のダンス。
お兄さんたちが、教えているうちに、どんどん上手くなっていきました。
お母さんが、携帯で我が子の写真を、カシャカシャ。
やっぱり、息子って、恋人なんですね(ふふふ)。
最後は、女子全員の365日の紙飛行機。
声も踊りも、なんとも可愛い。
うちの女子たち、かわいいなぁ〜〜〜。親を差し置いて、そんなことを考えてしまった私です。
きっと、お父さんお母さんは、やっぱり、うちの子可愛いなぁ〜〜〜〜と思ったのでは?

IMG_3872.JPG
一部も二部も合わせて元気学園の卒業式。
感動と笑顔。成長の試練と喜び。さまざまな感情が織りなす気持ち。学園生活をギューッと圧縮したような、手作りの、あったかい卒業式となりました。
子どもたちの新たな旅立ちに、本当の家族も、静岡の家族も、みんなでこぞって応援をします。
人と共に、心豊かに生きていこう!


このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2017年7月19日)
  • 家族と行く修学旅行、万里の長城
    家族と共に海外への修学旅行。
    万里の長城へ来てしまった!!
    山ほど世界遺産を見て、おいしい食べ物に舌鼓。
    可愛いパンダにも会ってきました! :-)
    (2017年7月6日)
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.