TOP > 活動の記録 > 活動の記録[ハッピーバレンタイン 2016]

ハッピーバレンタイン 2016


バレンタインイベントは、元気学園の空気がふわふわする日。
女の子たちが、チョコレートをつくるところから、始まって、渡し終わるまでのストーリー。
さらにさらに、女の子たちの気持ちは、若者だけでなく、世界で一番身近で、だ〜い好きな男性にも向いています。
さて〜、それって誰かな?
笑いあり、涙あり、サプライズもありのハッピーバレンタインです。

IMG_0649.JPG
女子たちのお菓子作りの腕は、先生の指導のおかげで、年々上達しています。
今回のバレンタインのプレゼントには、チョコレートケーキをセレクト。
男子たちに、「ちょっとした、ほらね。ちょっとだってばーーー、だから、ちょっとなの」。
それにしても、「ちょっと」って、少しじゃないですね。ちょっとは、意味深用語です。
そうそう、家でも、お母さんから、「ちょっと話が・・・・」なんて、呼ばれたら、子どもにとって、爆弾級ですからね・・・・(^^ゞ。

IMG_0645.JPG
さて、さて、話は戻って、
女の子たちが作る様子は、こちら。エプロン姿が可愛い。それに、お菓子を作っている時の女子は、女の子〜(おんなのこ)しています。
残り物にも、福がある。スプーンやボールに残ったチョコレートや生クリームを、ペロッとなめるのも、これまた楽しみ。
こういう時って、ゼッタイニ一人ではしない。
「ほらっ。」と隣の人にも差し出して、共にペロリ。
こんな経験、学生時代にしておくべし。

_IMG_3551.JPG
作り上げたのは、特大チョコレートケーキ、チョコピール、チョコボールの三種類。
それにもう一つ!、クッキーがあります。
クッキーは、飾りつけをして、ほらほら、オリジナルで、一つとして同じものはできていませんよ。
さて、このクッキー、どこに行くのかな?
作っている時の女の子、とっても楽しそうです。
才能が光ります。

_IMG_3455.JPG
バレンタインの懸案は、
1. 誰が誰に渡すか。by女子
2. 誰にもらうか。by 男子
ここが、重要なところ。
教室でも、ふつ、ふつっと、お水を沸かし始めた時の泡のように、会話の端々にでてきています。
でも、寮に帰ったら、ブクッ、ブクブクブックと、完全に沸騰状態。
ブログに書いた通り、何だか、盛り上がっていましたよ。

IMG_3550.JPG
そして、本番。
女子が準備をしている間に待っている男子の、なんだろう、このソワソワ感。
いつも通りにしている風に見えるけれど、
決して、いつも通りではない!!!!!
手渡してもらったときの、「えっつ、僕?」っていう、白々しい、あのニコニコ顔(#^.^#)。
ママたち、うちの息子の顔、想像してみて下さい。

_IMG_3537.png
今日、中学校に学校復帰することになって、卒業していく生徒。
ちょっとお気に入り(・・・これも、意味深「ちょっと」です)の先輩から、手渡してもらって、ニコニコ。
みんなで、ドアゲをして、がんばれよ〜〜〜〜!!と激励。
家に帰ったら、次の日から、普通に教室に入って、1時間目から6時間目まで全出席をします。それができるくらいに育ちました。
寂しいけれど、こうして上手くいく子がいるから、自分もいつかそういう日がくると頑張れる。
学校復帰ができるフリースクール、大学進学をしていけるところなんて、なかなかない。
新しい人も、そうなりたい!と希望をもってやってくる。
だから、おめでとう。とみんなで、応援するのです。

_IMG_3552.png
面接相談にきた女の子も、バレンタインデーイベントのクッキーづくりに参加しました。
「どんな人がいるのかな?」
はじめてやってきたら、気になるだろうし、お互いにとっても大切なことです。
元気学園にきて、校舎を見たい、施設を見たい。と言われるのですが、
なおしているのは、人。
どんな先生がいて、仲間になるのは、どんな人か。
子どもを元気にしているのは、「人」なのです。

IMG_0636.JPG
卒業生のあいさつで、「ここにきて、先生がいろいろ教えてくれたし、困ったことは助けてくれた。苦手だった勉強も、ゆっくり丁寧に教えてくれた。それに、みんなが優しかったから、そのおかげで、こうして、学校に戻っても大丈夫って思えるようになりました。」
正直なところ、元気学園は、施設の充実には、人一倍励んでいます。
(広くて、明るくて、清潔で、新しくて、生徒同士の空間をしっかり確保できるように!)
でも、「どうして元気学園にくると不登校の子があんなに変わるの?」と問われると、それは、「人」です。子どもを助ける能力の高い先生、一緒にいてくれる仲間なのです。

IMG_3452.JPG
ここにきて、全員が、明るく社交的になるのは、子どものコミュニケーションの根幹を変えてあげるから。
人は、一人で生きているわけではなく、楽しい気持ちも、悲しい気持ちも、それに幸せな気分も、他人が影響してつくりだしているもの。
まさに、隣にいる人の影響を大いに受けているのです。
ハッピーバレンタイン、まだまだ始まったところです。
ブログは、こちら。嬉しい方は、このページへのブログコメント、お待ちしていま〜す。


このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2018年5月14日)
  • 涙と笑いの卒業式
    ああ、思い出すだけで涙がでてくる。
    ああ、思い出すと、吹き出しちゃう。
    涙の一部と、笑いの二部、卒業式の様子です。
    (2018年4月2日)
  • 静岡マラソンに参加、42.195キロへの挑戦
    静岡マラソンは、1万人を超える参加者。
    その中で、フルマラソンおよびファンランの11.6キロに、男子生徒が参加しました。
    がんばりましたよ〜〜〜!
    (2018年3月16日)
  • ふじのくに地球環境史ミュージアム
    地球誕生の頃、46億年前の岩石を触ってきました!
    アウストラロピテクスのルーシーにも出会ってきました。
    三ヶ日原人もいました。
    面白い話をたくさん聞いてきたよ!
    (2018年3月1日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.