TOP > 活動の記録 > 活動の記録[ええじゃないか♪伊勢の旅]

ええじゃないか♪伊勢の旅


日本人の心のふるさといわれる「お伊勢さん」、伊勢神宮へ行ってきました。
20年に一度、現在の社殿の隣に新しい社殿を建て、御装束神宝すべて新調して、神様に新宮へお遷りいただくという、神宮最大、最重要なお祭り、式年遷宮。
その新しく建て替えられた社殿に、神様も常に新しく若々しくありたいという思い、たくさん感じてきました。

01DSCN1166.JPG
伊勢にいくぞ一。
電車で伊勢に行くことは決まったものの、高認試験があって事前の学習が全くできません。
じゃあ、しょうがないよね、ゆっくり行く電車の中で勉強していこうか!!
朝、5時過ぎ、1寮に男子を乗せたバスがもう迎えに来ているではないか。
女子のみんな、急げッ
すごいね、お寝坊さんいないんだ。
今回のメンバーは主に高2生。
切符を手にして、さあ、出発。
ゆっくり、4時間かけて伊勢まで行きます。

02DSCN1172.JPG
電車に乗ったら、すぐに通勤通学の人たちで混んでくる。
女子たちの視線は、立ちながら試験勉強している学生さんに。
学生はみんなこんな風に時間を有効に使っているんだよね。
ちょっと落ち着いたところで、「は〜い、プリントを読んでください。」とお勉強タイム。
学生さんに刺激されてか、ちょっぴり頑張りました。
でも、気が付けばみんな寝てる〜。

03DSCN1201.JPG
名古屋で乗り換えて、参宮線の中でご機嫌に記念撮影。
すると、あんなにお天気だったのに、突然ザーッと雨が降り出した。
「実は、俺雨男なんです。」
「何〜、ちょっと、電車降りて!」
そうこうしている間に、ぴかぴかのお天気になりました。伊勢市駅に到着。
まずは、お昼ごはんを食べなくちゃ。
伊勢と言ったら、伊勢うどんでしょう。
ということで、地元に愛されているお店へ。
全員で真黒のつゆ、これが出汁が効いていてうまい。大盛り伊勢うどん食べました。
でも、何であんなにふわふわの麺なんだろう???

04DSCN1210.JPG
そしていよいよ、聖なる森に包まれた神宮へ
まず、食の神様が祀られている外宮から。
入口で、ボランティアのおじさんに説明をお願いしました。
生徒たちがあまりにも真剣にメモを取るものだから、だんだん熱が入っちゃって、、、
お陰でとっても勉強になりました。

05DSCN1248.JPG
次は、市バスに乗って
猿田彦神社へ。
天孫降臨の際、神々の先頭に立って道案内をした、啓行(みちひらき)、猿田彦大神が祀られており、みちを開いてくださる神様ということで、交通安全や商売繁盛、みんなでお参りしました。
「はじめの一歩御守」みんな、買いなよ。
境内には、佐瑠女(さるめ)神社もあり、こちらは「アメノウズメノミコト」が祀られていて、お稽古事や芸能関係にご利益があるようです。

06DSCN1252.JPG
おはらい町とその中にあるおかげ横丁
外宮から来ると、なんだか急に賑わって。
赤福の地元で、夜食べる分だけ買いました。
赤福大好き中2生、連れて来たかった。

07DSCN1266.JPG
最後に天照大神をお祀りしている内宮へ
宇治橋を渡り、大きな鳥居をくぐっていくと、五十鈴川があります。
水が澄んでいて、とても冷たく、心身ともに清められました。
この宇治橋鳥居は、遷宮の際、御正殿の棟持柱を使っているのだそう。
つまり、リサイクル。
神様も無駄にしない、すごい。
真新しい御殿に厳かな気持ちで手を合わせてきました。

08DSCN1325.JPG
この日は、二見浦の民宿に泊まりました。
夜は浴衣を着て、旅行気分一気に高まりました。
女子は、着付けのお稽古をしているので、とっても上手に着ているではないか。
明日は、二見浦の夫婦岩からの日の出を見に行くよ。
4時45分、玄関集合。
自由参加ですが。早く寝るんだよ。枕投げなんかするなよー、おやすみ。

09DSCN1342.JPG
【2日目】
4時45分 全員玄関に集合している。
すばらし〜
15分ほど歩いて海岸へ。5時10分頃が日の出らしい。
うろうろしていると、注連縄でつながれた大小二つの岩からなる夫婦岩のほぼ真ん中、雲の切れ間から朝日がすーっぅと、
キャアー うおー
歓声が上がる。
自分の足で来なければ見ることはできない。そして、お天気に恵まれなければ見ることができない。
ラッキーとチャンスが重なって美しい朝日を見ることができました。
感動しながら宿に戻り、この美しい景色を学園のみんなにと携帯で送信。
すると、さらに感動が・・・・・

10DSCN1411.JPG
バスで先生がお迎えに来てくださるぅうううううううう!!!
とてもとても嬉しくて、みんなで思わず手を合わせちゃいました。
朝食後、
バスに乗り、何だかほーつつつ
やっぱり、学園のみんな、先生のバスが大好き。先生の顔を見たら、元気モリモリ。
「英虞湾クルーズ行くぞー オー!」
そういって出発しました。

11DSCN1362.JPG
英虞湾クルーズは、海賊船型の豪華な船にしようかと思いましたが、島のすぐ近くまで行けるからいいよ、という営業に誘導され、小さな船で出発。
しかし、天気はいいし、小さい船だからこそ本当に海面が近い、風が気持ちいい、
マイヨット的感覚でリッチな、気分は最高。先生のお陰です。
真珠の養殖いかだを見て、お母さんに真珠のお土産を買って帰ろう、と思ったかどうかは知りませんが、来年の伊勢志摩サミット会場になるかもしれないホテルを眺めながらのクルーズでした。

12DSCN1385.JPG
2日目は、電車だとほぼ帰るだけの時間の使い方だったところが、先生のご配慮でこんな素敵な観光になりました。
江戸時代の伊勢参りが盛んなころのように、
伊勢に行きたい、
伊勢路が見たい
せめて一生に一度でも
たくさんの方々のお陰で、感謝する「おかげ参り」ができました。
20年後の式年遷宮、みんなはどこで何をしているでしょうか。
期待してますよ。


このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)
  • バス旅行、浜松城は出世城!
    浜松までバスでお出かけ。新入生は、過去を引きずってきます。不登校に至る過程での思い、ツラかった事、決して幸せではない過去を・・・。それらを、お出かけという気分転換で、吹き飛ばしていこう!!
    (2016年3月31日)
  • 卒業式2016
    答辞は会場中がすすり泣き。
    不登校をしていた頃。
    最初は、叱ったりおだてたりしていたお母さんが、だんだん、何も言わなくなってしまった・・その時間。
    自分なんか、消えてしまえばいい。
    「誰か助けて」と心の中で叫んでいた。
    …涙と感動の卒業式でした。
    (2016年3月23日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.