TOP > 活動の記録 > 活動の記録[教えて、日本銀行!]

教えて、日本銀行!


日本銀行静岡支店に見学に行ってきました。
見学の人数が制限されていたので、今回は、高等部の生徒たちだけでお出かけです。
ニチギンサンって呼んでいるけれど、普通利用することはないので、どんなところかな?
場所は、静岡市葵区金座・・・さっすが、金座!
江戸時代に、金貨の駿河小判をつくっていたそうです。
高校の日本史で習いました。記憶をたどると、銀貨を作っているのは、銀座。銅貨を作っているのは・・へへ銅座って思うでしょう〜、ちがうんですよ、銭座(ぜにざ)です。

IMG_0716.JPG
中に入ると、まず、日銀の仕事についてのビデオ。
こちらは、午前中に、youtubeで予習してきたのと同じです。
日銀の紹介。日本で唯一の発券銀行であるとか、銀行のための銀行なのですよといったことやら、いろいろと教えてもらって、勉強になりました。
海外支店がある場所は、ロンドン、パリ、フランクフルト、それに、香港、北京、、ニューヨークにワシントン。
どうして、ベルリンじゃなくて、フランクフルトなんだろう?

IMG_0725_red.png
体験コーナーでは
一億円が準備されていて、合計2億円。
それを、ぐっと持ち上げてみます。
10キロくらい・・・「意外と持てるね。」
「うん、お財布にもちたい(だよね!!)。」
古いお金がずらっと並んでいて、今使えるお金というのは、19種類もあると知って、意外!
聖徳太子の一万円も、夏目漱石の千円も、まだ使えるそうです。

IMG_0731.JPG
お金の倉庫を見せてもらって、閂(かんぬき)の説明をうけました。
それに、最後には、今使っている紙幣について、いろいろ教えてもらいました。
印刷方法や、こんなところに、小さな文字でNIPPONってあるよ!紫外線で光るんだよ。ホログラムで、傾けると文字が浮き出すよ。
実際に、お金で確認すると、なるほど〜となります。
海外に行くと、日本の紙幣は、芸術作品のように美しいと感じますが、これらの印刷技術が貢献しているのですよね。
お金が大好きなので、お目目いきいき!?。

IMG_0734.png
生徒たちの会話で一番話題に上ったのが、「紙幣の顔は誰が決めるか?」というところ。
功績、印象的な顔、これらを加味して、なんと、その時の財務大臣が、決定するそうです!!
印象的な顔・・・ってところが、面白いとおもいませんか?
最後に、記念撮影用に、こんなものもありますよ〜。
と、登場してきて、ほほー。
みんなで、ちょっと真面目っぽく写真をとりました。
どうも、銀行・・・・というこの雰囲気、緊張します。


このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)
  • バス旅行、浜松城は出世城!
    浜松までバスでお出かけ。新入生は、過去を引きずってきます。不登校に至る過程での思い、ツラかった事、決して幸せではない過去を・・・。それらを、お出かけという気分転換で、吹き飛ばしていこう!!
    (2016年3月31日)
  • 卒業式2016
    答辞は会場中がすすり泣き。
    不登校をしていた頃。
    最初は、叱ったりおだてたりしていたお母さんが、だんだん、何も言わなくなってしまった・・その時間。
    自分なんか、消えてしまえばいい。
    「誰か助けて」と心の中で叫んでいた。
    …涙と感動の卒業式でした。
    (2016年3月23日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.