TOP > 活動の記録 > 活動の記録[京都旅行2015]

京都旅行2015


京都〜!!行ってきました葵祭に金閣寺、北野天満宮に清水寺に同志社大学・・・。
楽しかった〜 。みんな、ニコニコしていました。
楽しいことの後は、またがんばろっ!!
仲間と共に行く京都弾丸修学旅行。
一人だけでも、家族だけでもできない経験を積み重ねていきます。

IMG_0370.JPG
朝も早くから、寮では待機!
学園生、こういう時は、寝坊ゼロです。
京都のお天気・・・・微妙です。
朝6時の葵祭り開催かどうかの発表で、行くか行かないか決まります。
どうか??
うっ、ネットになかなかつながらない
ヤッター( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \開催です。
バスに乗り込んだのは、中学生と高校1年生。
今回は、この子たちを連れていきます。
京都初めて、ルンルンルン   。
京都御所にバスを止めて、今出川通りの交差点、いっちばん前のいっち番良い場所をとりました!!!

IMG_0356.png
目の前を葵祭の行列が通ります。
しかも、ちょうど信号があるので、止まってくれるのです。
やった〜、すごいぞ、こんな場所で、最初から最後まで葵祭の行列が見れるなんて!!
わー、斎王代が目の前に!!馬も、牛車も!!!
「せんせー、馬がストレス感じてます」
と言ってきたのは、乗馬をならっていたという女の子。
・・・そうだね、馬が信号待ちするのって、ストレスだろうね・・・・(^^ゞ
スーツを着た紳士が生徒と会話中。
ギョギョギョ、ふと見ると、お父さん!!

IMG_0352.JPG
息子は、豆が鉄砲をくらったような顔をしています 。
「どっ、っどうしたんですか?」
「職場がここの先なんですよ。ブログやツイッターでやってくるって見たから、とりあえず、来てみました。」
会えるものなんですね〜
(この人数、この範囲ですから、会える確率低いですよね・・・・こういうのを親子の縁って言うのか?)。
「京都といえば、こういうところもありますよ」と、案内のガイドとカンパをいただきました。助かります、ありがとうございます。

IMG_1847.JPG
葵祭の後に、金閣寺に行こう!と動き出したのですが、
京都御所の向かいは、同志社女子大と同志社大学。
「行きたいか?」と聞かれて、「えっつ、行けるの?」
さらに、「きれいなお姉さんがいるよ〜」と言うと、男子が、ざっと振り向いて、ニヤリ。
卒業生のスタッフから、「本当だよ、綺麗な子が多いよ、連れてってあげようか?」と言われて、
みんな、乗り気で歩き出しました。
キャンパスを歩いて、ワ〜、大学って、広いですね〜。中学生が大学に入ってイイの?
もちろん、男子は、キョロキョロ。いや、男子だけじゃなかった、女子もキョロキョロ 。
嬉しそうにお散歩。
さてさて、次に行ったのは、金閣。菖蒲が咲いていて、とっても綺麗でした。さらに、賢くなりたいみんなは 、学問の神様の北野天満宮にお参りし、さらにさらに、清水寺にも足を運んだのでした。

IMG_0387.png
同志社大学を出た後は、京都御所に。
そこがどんなところか、簡単な説明をしてもらって、次に
道をたどっていくと、パッとでてくる金閣寺。
その突然の出現に、感動をより大きくします。
光り輝く金閣寺を見て、その眩さに、びっくり仰天。
もちろん記念撮影です。
ちょうど、紫色の菖蒲が咲き始める若葉のシーズン。観光客も多くて、外国人に負けじと押しのけて、シャッターチャンス。
中国語が分かる生徒が、「せんせー、中国人ばっかりです・・・(-_-;)」
水がでている泉には、義満公の飲料水として使っていたというようなことが書いてあります。別荘として生活をしていたんだなぁ・・・と当時を思い浮かべます。
ショッピングゾーンで、絵葉書を買います。
これで、また、家に、メッセージを届けることができます。
京都旅行から1週間くらいにかけて、ブログのコメント多いので、見てくださいね。
http://blog.livedoor.jp/genki_gakuen054/archives/51962654.html#comments

DSCN1045.JPG
次に行ったのが、北野天満宮。
みんな、頭が良くなりたい!勉強ができるようになりたい!と思っていますから、先生から、行くか?のお誘いに、「ヤッタネ!!」
学問の神様、菅原道真公をおまつりしていますから、学生にとって、ゼッタイお参りしたいところです。
牛のお尻をなでなでして願掛け。
そして、長〜いお祈り。
医学部受験に向けて、一頑張り、二頑張りを期待している受験生へのお土産として、絵馬も買いましたよ。
みんなも、お札を買ったり、奮発して木札を買ったりしていました。

DSCN1052.JPG
さて、次に向かったのは、清水寺。
バスを降りて、参道の坂道には、人・人・人。
やたらとトイレが長くて待たせたり、足が痛いとかで、毎回、先頭と離れてしまうメンバーがいるのですが、さっすが元気学園の先生たち、きちんと連れてきてくれます。
だから、こうして、旅行ができてしまうのですよね。ありがたや〜。

daikokuten.jpg
清水さんに入ると、まずお参りするのは出世大黒天像。
私、この大黒様、大のお気に入りです。なんといってもこのニコニコ顔。
いかにも、出世しそう。
大黒様グッズを買おうとしたら、先生がちょうど支払うところで、ちょっと待った!!と一緒に買ってもらって、ルンルン(^^♪。
生徒たちも、先生におねだりしたのか、先生が買ってくれたのか、そのあたりは定かではありませんが、売店のおばちゃんが、「先生、今日何個買っていくのかしら?たくさんね。」と長年の知り合い状態(どこに行ってもこんな関係になってしまうのは、人柄?)。

DSCN1052.JPG
清水の舞台から、ヤッホーと喜ぶみんな。
ここも、人が多くて、舞台の床が抜けないか心配になるくらいです。
その後、下の泉に行こうと歩き出すと、途中、縁結びの神様。
年頃の関係者たちが、吸い込まれていきました〜。
人の出会いは、縁ですからね〜、努力もするけれど、神様にもお祈りしておかないと。

DSCN1065.JPG
外国人が行列している中、待ってでも飲んでみたいのが、音羽の滝。
清水寺の開創の起源であり、寺名の由来となったのがこの瀧です。こんこんと流れ出る清水は古来「黄金水」「延命水」と呼ばれ、清めの水として尊ばれてきました。
との説明。
一度も、枯れたことがないというのが、素晴らしいです。
1000年の時を経て、ひと時も絶やさない。
受け継ぐものの尊さ、時を経ているからこそくる清らかさを、水を飲みながら、実感します。

DSCN1063.JPG
清水の舞台を下から見上げます。
釘を一つも使っていない構造。当時の土木技術のレベルの高さが分かります。
新緑に囲まれて、構造も美しい姿をしています。

IMG_0417.JPG
歩いていくと、阿弖流為(あてるい)と母礼(もれ)の碑があります。
清水寺は、征夷大将軍である、坂上田村麻呂による建立。
田村麻呂と言えば、蝦夷地の征服に活躍したことで有名ですが、阿弖流為も母礼も、蝦夷のリーダー。殺してしまうには、もったいない人物だったのではないかと想像しますが、いかに?
先生から説明を聞くたびに、「へー」という空気が流れるのですが、覚えて帰れるかな?
こういう時、女子は、メモしていて、偉いんだなぁ〜。

IMG_0403.JPG
清水さんの参道にある、八つ橋のお店。
どうぞどうぞ、食べていって〜、冷たいお茶もありますよ〜。
先生からの、「ここでお土産買っていいぞ〜」の声に、
・・・グオーンと引き込まれていくみんな。
試食を、どうぞ、どうぞ言ってくれるので、「ハイ、ハーイ」といろいろ試してみます。すっ、素直です・・・・。
せんせー、ラムネが美味しかった!
新製品から伝統あるものまで、一通り食べて、買っていますから、生八つ橋専門家になったことでしょう・・・。

IMG_0428.JPG
今回の京都旅行、一日だけれども、実り多いものでした。
ボーっとしていても一日は過ぎるけれど、こうして積極的に動けば、全く違う一日になるということを、実感したのではないでしょうか。
自分の体が動けば、無理って思っていることもできてしまう。
価値ある一日にするということにもつながっていけばと思います。

IMG_1843.JPG
それにしても、前日につくったテルテル坊主たち、効き目大きかったです。


このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)
  • バス旅行、浜松城は出世城!
    浜松までバスでお出かけ。新入生は、過去を引きずってきます。不登校に至る過程での思い、ツラかった事、決して幸せではない過去を・・・。それらを、お出かけという気分転換で、吹き飛ばしていこう!!
    (2016年3月31日)
  • 卒業式2016
    答辞は会場中がすすり泣き。
    不登校をしていた頃。
    最初は、叱ったりおだてたりしていたお母さんが、だんだん、何も言わなくなってしまった・・その時間。
    自分なんか、消えてしまえばいい。
    「誰か助けて」と心の中で叫んでいた。
    …涙と感動の卒業式でした。
    (2016年3月23日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.