TOP > 活動の記録 > 活動の記録[クリスマス会2014]

クリスマス会2014


さてさて始まりました今年もクリスマス会。
練習段階で、かなりのもの!になっているのは確か。
なぜなら、練習していますから〜。

まず、歌。
年々うまくなってきていると言われている元気学園の合唱。
これは、発声&呼吸を意識した指導の一環なのですが、結果として、歌がうまくなりましたヾ(=^▽^=)ノ。
それだけではなく、人前でも歌えるようになったのですよ!
大学入試で面接がある生徒が、「緊張する〜」と言うので、「みんなの前で10回歌ったら、緊張しなくなるよ。」と提案すると、
・・・・やります!」
3回目くらいに、「せんせい、緊張しなくなってきた!!」
ほらね、恥ずかしいで止めちゃうんじゃなくて、1回じゃなくて、2回、3回やってみたら、違うでしょ。

「できることが増えている」ってのは、大きな自信になっています。

お芝居は、それぞれの性格や個性をいかして作っています。
ダンスあり、格闘あり、ミュージカルありの、明るく楽しいクリスマス会。
このクリスマス会の一つの目的が、恥ずかしいを消すこと。その練習です。
効果として、「勉強ができないところを隠すことが減っていますよ」との教科学習の先生からの報告。
一つの成功体験が、相乗効果として現れます。

父母の方々も、「うちの子の幼いころを思い出した。目立ちたがり屋で〜」と、思い出話。
子どもの笑顔を見て、親子が楽しく過ごした一日でした。

その様子をどうぞ。

IMG_0356.JPG
メロンパン屋さんがうちにやってきた、一人何個づつ?
みんなへのクリスマスプレゼントに、呼んだのは、ジャーン!IMG_0346!
メロンパン屋さん。
メロンパンを焼きたてで出してくれる、移動車。
当日は、あいにくの雨だったのですが・・・でも、みんなの熱気は、ピーカン状態(o^∇^o)ノ。
元気学園の二号館に来てもらって、クリスマス会の合間に、ホッカホカをいただきます。

IMG_4265.JPG
劇 フランダースの怪物
とっても楽しかったクリスマス会の様子を順にお伝えします。
生徒たち、素晴らしく頑張っていて、一人ずつ、褒めたい気分。
ただ、文章にすると、伝えきれないところがいっぱい出てしまうので、抜けてしまっているところは、どうぞ、ご家庭でお願いしま〜す+.☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;。
寮単位で作っている男子の劇は、さっすが男子。
「やる時には、やります!」 とのこと。
⇒詳細はブログにて

IMG_4269.JPG
コント:大阪のおばちゃん他
さて、次に始まった女子によるちょこっとコント。
このチーム、本番直前にすべて書き換え。
スタッフが苦労してくれたんです。そのおかげで、面白いものになりました〜。
「大阪のおばちゃん」は、「もしかして、・・・じゃなくて・・・将来きっとあんなるであろう・・・(^^;)」って感じ。

IMG_0407.JPG
風船おじさん登場
風船おじさんが、元気学園にやってきました!
いろいろ見せてくれて、オー!!の歓声。
その後、作り方も教えてもらって、わー、割れるかも!
キャーー怖い。
ギュッと結んだところで、「パン」と壊してしまって、
生徒から、
「せんせー、やめてくださいよ。びっくりするじゃないですか〜、頭の後ろで怖いじゃないですか。」
と、かなり真剣に怒られてしまいました・・・・(;'∀')・・・ごっごめん。

IMG_4412.JPG
ソプラノの声は肌に感じる。空気が揺れるよ
卒業生とそのお母さんが、この日に合わせて来校してくれました。
卒業生は、看護短大に入学したのですが、できがよくって(ハイ、うちの子ですから(^▽^))、大学の編入試験に合格。
大学に編入して、保健師の資格をとるように頑張るそうです。

P1060006.JPG
オズの魔法使い
父母たちに、歌の宿題を二曲出していましたが、
ホッツホー(=゚ω゚)人(゚ω゚=)。
きちんと、練習してきてくれたようです。
一緒に歌って、楽しかったです〜。
ホント、歌に翼はありますね〜(朝の連ドラ、マッさんの主題歌「麦」に、麦に翼はないけど、歌に翼があるから、伝えてほしい故郷に・・・ってのが)。
さて、始まった、「オズの魔法使い」
なんと、ミュージカルです!!うたっちゃいますよ〜。

P1050762.JPG
二匹の子羊
男子たちの劇、二匹の子羊は、去年の連続もの。
初っ端にでてくる二人。
こういうことさせたら、いい味出してます。
去年は小学生でもじもじしていたのに、今年は、役者に変身。すごいね。
もう一人は、楽しい事、大好きなのでしょう、声もよく通るし、その「マシュマロボディー」っての、笑っちゃいます。

IMG_4414.JPG
アナと雪の女王
アナと雪の女王、主役は、回を重ねるごとに、主役の輝きを増してきます。
それに、現実のお母さん役。微妙な方言が、絶妙。上手すぎて、劇団に応募しようかって思うくらいです。
楽しいことが好きなんですね〜、だって、目がキラキラしていますからね。

IMG_4282.JPG
最後は、第九の歓喜の歌の合唱で
途中、受験生たちが登場。そして、「小学生集まれ〜」の号令!
特別出演です。
ついでに、「まだ小学生の気分の人も集まれ〜」
「それなら、みんな出ていかなくっちゃいけないのでは(^^;)?!」
妖怪体操第一のダンス。
前に出て、踊ってみると、意外と楽しいですよ(想像以上にね)。

P1060017.JPG
猿かに桃太郎
猿かに合戦と桃太郎の混合作。
この芝居、お兄さん二人がシナリオを描いたのですが、全員が出演するようになっていて、心遣いの細やかなところがでています。台本を書いてみると分かるのですが、一人一人のために、場面を増やすのって、結構大変なんです(^^;)。
今回の司会進行役のお兄ちゃん(元気学園の中では、ニックネームが「お兄ちゃん)なんです)。

P1060074.JPG
親子で和やか風船アート、作ってみよう!
風船おじさんに教えてもらった風船づくり。
父や母にもトライしてもらいます。
「お父さんやお母さんの傍に行って、教えてあげてください。」
と、司会進行役が言ったら、
さっと動く。
こういうところでも、子供の成長が見られます。
幼いころは、離れていなさいと言われてもべたべた。
そのうち、学校でであっても、近づきもしないし、無視とか知らんぷり。
さらに、心が成長すると、
周りに同級生がいても、普段通りに。⇒詳しくはブログにて

P1060009.JPG
女子による劇「官兵衛」です
大河ドラマを主題にした、劇、官兵衛。
このチームは、何せ、よく練習していました。
そのおかげで、ストーリーも面白いし、ばっちりタイミングも合ってるし、サスガ!
秀吉は、セリフも目線も、もう完璧(多分、寝ててもそらんじられるくらいじゃないかな?)。
茶々は、普段はあまり気付かないのですが、大きな声をだすと、とっても色っぽい艶のある声。魅力発見です!
ああ、男子からの、人気がさらに、高まってしまう〜(^^;)。

dbd4d18c.jpg
笑顔でさようなら、また来年
受験生たちも、今日でひとまずお仕舞。
子どもたち、それぞれの家の宝たちを、安全に父母にお返しできて、ホッとしています。
ああ、今年も残りわずかです。
今年1年を通して、家にいた時と、大きく時間の使い方がかわったみんな。


このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)
  • バス旅行、浜松城は出世城!
    浜松までバスでお出かけ。新入生は、過去を引きずってきます。不登校に至る過程での思い、ツラかった事、決して幸せではない過去を・・・。それらを、お出かけという気分転換で、吹き飛ばしていこう!!
    (2016年3月31日)
  • 卒業式2016
    答辞は会場中がすすり泣き。
    不登校をしていた頃。
    最初は、叱ったりおだてたりしていたお母さんが、だんだん、何も言わなくなってしまった・・その時間。
    自分なんか、消えてしまえばいい。
    「誰か助けて」と心の中で叫んでいた。
    …涙と感動の卒業式でした。
    (2016年3月23日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.