TOP > 活動の記録 > 活動の記録[梅狩りと玉ねぎの収穫 2013]

梅狩りと玉ねぎの収穫 2013


今年も梅狩りと、玉ねぎの収穫の時期がきました。
涼しい風が吹く、日本平キャンパスの梅園。
そして土作りから始まってお世話し続けてきた玉ねぎ。
農業体験を通して収穫の喜びと、自然の美味しさを味わいます。

001.jpg
日本平キャンパスにたくさん植わっている梅。
梅がずらっと並び、次に、一段高いところにまた一列、さらに、もう一段高いところに・・・と続いています。
木漏れ日が緑の葉を通して差し込んでくる、薄暗い場所。
ここを散歩するのが、とても好きです。
風が通り抜けるから爽やか。
葉が風に揺られて、カサカサ、ざわっつと自然の音のBGMが流れてきます。

002.jpg
この梅の木の周りにいると、どうも、心が穏やかになってしまう。詩的な雰囲気がある場所なのです。
この前までは、気づかなかったけれど、「ほら、あそこの梅の実大きくなったね。」と、生徒たちがあちらこちらを指さし始める頃。
梅の収穫時期です。

003.jpg
みんなで梅の木の周りに集合して、ブルーシートを敷きます。
そして、枝をしならせて、手で一個ずつ摘みます。
前までは、ぐらぐらぐらと枝を揺らして下に落としてとっていたのですが、「梅が傷むからよくない。」
と聞いて、それからは、丁寧に採ることにしました。
背の高い男子が、活躍します。

004.jpg
みんなで、「あそこだよ!」「ほらあっち」「ここにもあった」
協力し合って、梅の木が丸裸です。

005.jpg
土づくりから始まって、お世話し続けていた玉ねぎも、そろそろ収穫時期。
みんなで、とるぞ!と出かけて、おりゃっつと引っこ抜きます。

006.jpg
玉ねぎはするする抜けるから気持ちがいい。どんどん採っていくほどに、気分が高揚する。
この収穫っていうのは、どうして、こうも楽しくなっちゃうのでしょうか?
人に本来備わっているものですよね、きっと。
食べるものを収穫=生きるってことですからね。

007.jpg
採ったものは、シートの上で干して、その後、数個ずつ結わえます。
これが、結構な作業です。
女子たちが、流れ作業で、5こづつひもでくくって、男子たちが、テラスに運んで、軒に干します。

008.jpg
こーーーんなにいっぱいのたまねぎ。
これが、毎日のみんなの夕飯に様変わり。自分たちが収穫したものを自分たちで食べる。
カレー部(カレー作りの時に活躍する部活動です)のメンバーが、嬉しそうに玉ねぎを見つめています。元気学園のカレーは、お客様に好評なんです。うまいんだな〜、これが!


このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)
  • バス旅行、浜松城は出世城!
    浜松までバスでお出かけ。新入生は、過去を引きずってきます。不登校に至る過程での思い、ツラかった事、決して幸せではない過去を・・・。それらを、お出かけという気分転換で、吹き飛ばしていこう!!
    (2016年3月31日)
  • 卒業式2016
    答辞は会場中がすすり泣き。
    不登校をしていた頃。
    最初は、叱ったりおだてたりしていたお母さんが、だんだん、何も言わなくなってしまった・・その時間。
    自分なんか、消えてしまえばいい。
    「誰か助けて」と心の中で叫んでいた。
    …涙と感動の卒業式でした。
    (2016年3月23日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.