TOP > 活動の記録 > 活動の記録[六日目・博物館見学]

六日目・博物館見学

午前中、スラバヤで一つ用事を済ませて、飛行場へ。
インドネシアには、サークルKやローソンなど、日本のコンビニがあります。日本語で、ラーメンやそば、べんとうと書いてある飲食店も多く、日本語はあふれています。
でも、ちょっと違うので、笑っちゃうことばかりです。“めん”じゃなくて、“ぬん”とか。
いいえ、人の事は笑えません、日本人が書く英語もこのレベルなのでしょうから・・・(^_^;)。

IMG_2602.JPG
スラバヤ空港で、留学生とお別れ。バリ島でフィールドワークをして、修士論文の研究をすすめてから、日本に帰国してくるという事なので、しばしのお別れです。「日本に戻ってくるときには、車で迎えに行くよ〜」と言ってさようなら。飛行機でバンドンに戻ります。飛行機は、1時間ほどの遅れ。まあ、仕方ないです。外国ではよくあること。
ようやく飛び立った飛行機ですが、途中、アナウンスがあり、ブレーキの不具合があるので、スラバヤに引き返すという事でした。
でもね、こんな時に、インドネシア人は、「アー」とか、「エー」とか、全く言わないのです。アメリカ人が居たら、絶対にオーノーとオーバーアクション気味に悔しがるでしうょ。もちろん、日本人も、エーと声を上げるはずです。離れた席に座っていた奥様に聞いたところ、「顔だけ」と言っていました。・・・そういうことなんですね。

IMG_2609.png
またもや、スラバヤ空港に戻って、ここから3時間待ち。L先生が、お菓子を買ってきてくれて、ボリボリ食べます。じゃがいものせんべいと、たまねぎのせんべい。玉ねぎのせんべいは、サクサクしておいしい。じゃがいものせんべいは、新食感です。発泡スチロールの食感。なんとも、くにゃとした噛みごたえが癖になります。これは、みんなに食べさせたい。お土産の第一候補に決定。!!ようやく飛び立った飛行機で、スラバヤからバンドンへ移動。スチュワーデスさんが、なぜか、ランチパックを私たちに、二個ずつくれました。「飛行機が遅れてごめんなさい・・・」ということでしょうか。

RIMG1779.JPG
みんなは何をしているかというと、地質学博物館にでかけています。

RIMG1793.JPG
ここには、人骨や、恐竜の骨など、プリミティブなものがいっぱいあります。教科書にある、ジャワ原人ですよ!!

RIMG1787.JPG
正直なところ、インドネシア語のみの解説なので、ちょっと意味がわからないところがあったということでした。

DSC00385.png
街の中を車で通ると、大きな建物は、ヨーロッパ的。どうやら、オランダが植民地化していた時のことだそうです。今は県知事が使っているというこの建物は、通称「サテグヌング」。インドネシア語でサテは串のこと、グヌングというのは、建物という意味です。サテアヤムという焼き鳥のような食べ物があり、よく食卓に並びます。
写真をよく見ると、建物の中心にアンテナのようなものが立っていますよね。それが串のようなので、みんながサテグヌングと呼び始めたそうです。


このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)
  • バス旅行、浜松城は出世城!
    浜松までバスでお出かけ。新入生は、過去を引きずってきます。不登校に至る過程での思い、ツラかった事、決して幸せではない過去を・・・。それらを、お出かけという気分転換で、吹き飛ばしていこう!!
    (2016年3月31日)
  • 卒業式2016
    答辞は会場中がすすり泣き。
    不登校をしていた頃。
    最初は、叱ったりおだてたりしていたお母さんが、だんだん、何も言わなくなってしまった・・その時間。
    自分なんか、消えてしまえばいい。
    「誰か助けて」と心の中で叫んでいた。
    …涙と感動の卒業式でした。
    (2016年3月23日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.