TOP > 活動の記録 > 活動の記録[エジプト旅行紀]

エジプト旅行紀

成田空港から、飛行機で15時間。半日以上の長旅の末、エジプトの地を踏みました。「エジプトってどんなところ?」「宗教が違うから、なんだか心配・・・」「飛行機に乗るのが怖い!」などなど、不安の種は山程あったのだけれど、いざ行ってしまうと、興味深い体験の連続!これは何、あれは何?とやっているうちに、時間はあっという間に過ぎてしまいました。幼い物売りたち、灼熱の砂漠の上を裸足で歩いている少年。エジプトでは、みんな一生懸命に生きていました。カルチャーショックをたくさん受けて、これからの人生で、この経験が活かされることでしょう。

エジプト写真 1
静岡の元気学園から、成田空港まで、バスで移動。
途中サービスエリアで、たこ焼きをほおばって、居眠りしている間に到着。
いよいよエジプトへ出発だ!

エジプト写真 3
エジプトでは日本円は使えないので、成田で米ドルに両替。さらに、現地で、エジプトポンドに両替します。
一人一人、お小遣いを貰って、「どんなものを買おうかな?」ワクワク・・・
エジプト航空の飛行機を見つけ、心はもうエジプトに。

エジプト写真 2
イスラム教のモスクの中でも最大級の、モハメド・アリ・モスク。
イスラム教徒にとって、神聖な場所です。中はとても広くて、話し声がとても良く響きます。
ここで、コーランを聞いてみたい!

エジプト写真 4
カイロ考古学博物館には、エジプトの貴重な遺物が沢山納められています。
ツタンカーメンの黄金のマスクや、本物のミイラを間近で見て、感激!
西郷さんそっくりの木像なんかもありました。こんなところで、出会えるとは?

エジプト写真 5
憧れのピラミッドに対面。
近くで見て、その大きさに圧倒。
一つの石の大きさが、自分の身長くらいあるんです。
古代エジプト人の凄さを実感しました。

エジプト写真 6
ピラミッド内部は、暗くて、暑くて、じめじめ。
おまけに空気が薄くて、苦しくなってきます。
「早く、出してぇ?」と、駆け足で階段を上がると、外の空気が、とっても涼しく感じました。
といっても、暑いです。40度くらいでしょうか。
ただ、この日は、風があったので、救われました。

エジプト写真 14
ラクダに乗って、遊牧民の気分を体験。
意外と背が高くて、ぐらぐらと揺れるので、振り落とされそうでちょっぴり怖い・・。
でも、とても良い思い出になりました。

エジプト写真 17
一仕事終わり、のんびりくつろぐラクダたち。
「ラクダもラクじゃないよ!」

エジプト写真 8
2日目は午前2時起床。眠そうに目をこすりながらも、遅刻者ゼロだったのはさすが!
(学園生たちは、やたらとイベントには強いのです(*^_^*))
朝早いので、ホテルの人がお弁当を持たせてくれました。

エジプト写真 7
「僕はヨーグルトが入ってない」「私はジュースがない」等、内容はまちまちだったようですが・・・。
これが、お弁当の中身。
暗闇の中、飛行機に乗り込み、アブシンベルへ出発。

エジプト写真 20
アブシンベルは気温50度の猛暑。けれど、目の前に現れた巨大なラムセス2世に、疲れも暑さも全部吹き飛びます。
「ウワァー大きい!」

エジプト写真 23
こちらはアブシンベル小神殿。ラムセス2世が、妻ネフェルタリのために造った神殿です。
神殿だから、神様を祀っていると思ったら、神殿内部のレリーフには、なぜかラムセス2世本人が沢山登場しています。

エジプト写真 25
砂漠はとても暑いけれど、湖の近くまで行くと、涼しい風が吹いてきて気持ちいい!
アブシンベル神殿は、ナセル湖に面した位置にあります。
グッドロケーションなのですが、実は、アスワンハイダム建設の為に、元あった場所から、この場所に移したのです。
上の写真、人の大きさと比べてみてください。どんなにラムセス2世が大きいか、わかりますか?

エジプト写真 9
片隅には、綺麗な黄色い花も咲いていました。

エジプト写真 28
アブシンベルからアスワンまで、飛行機で約一時間。
古代エジプトの人々が実際に石を切っていたという、石切場を見に行きます。 
アスワン、めちゃくちゃ暑いです。想像を絶する暑さです。
ガイドさんは、「50度は超している」と、平然と言っていましたが・・

エジプト写真 29
4500年前から放置されている、切りかけのオベリスク。
ハトシェプストという、古代エジプト史上唯一の女性の王様が造らせたものです。
切り出し中にひびが入ってしまったため、工事中止に。亀裂があるのがわかりますか?

エジプト写真 32
3日目は、アスワンに宿泊します。
ものすごく暑いです。自分史初の暑さです。熱風が吹きすさびます。
丘の上にある綺麗なホテルに泊まりました。

エジプト写真 34
屋上から、美しいナイル川の流れや、アガサ・クリスティが「ナイル川殺人事件」の舞台にしたというホテル、オールドカタラクトが見えます。
出かけようとしていた、先生に付いていって、オールドカタラクトで、アフタヌーンティーをした、ラッキー君たちもいます。

エジプト写真 38
次の日は、ルクソールにひとっ飛び!(また、飛行機に乗りました)
カルナック神殿・ルクソール神殿を見に行きました。
スフィンクス参道には、羊の頭に獅子の体のスフィンクスが沢山並んでいます。

エジプト写真 12
134本の柱が並んだ、大列柱室。
柱の一本一本に、こまかくヒエログリフが刻まれていて、大迫力!
思わず「ほぉ?」と溜息。

エジプト写真 13
あれ、あんな所に建物が!?と、びっくり。
これは、モスク。ルクソール神殿が砂に埋まっていた頃、知らずに上に建ててしまったものなんだそう。

エジプト写真 43
遺跡の側には、たくさんのお土産屋。おじさんが、観光客の側までやってきて、「ワンダラー、ワンダラー」を連呼。
それに交じって、小さい子供も裸足で歩き回り、売り子をやっています。
自分たちは、なんて幸せな国に住んでいるんだろう、と実感。

エジプト写真 45
香水屋さんへ行きました。おじさんが、香水瓶の作り方を実演で見せてくれることに。
ガラスの棒を、バーナーであぶって膨らませたり、ねじったり、模様を付けたりします。
その見事な技術に、見とれてしまいました。

エジプト写真 46
店の中は、色々な香水や香水瓶が並んでいて、見ているだけでも楽しい。
自分の懐具合と相談しながら、お土産を買います。
店員さんに「君はクレオパトラみたいに可愛いから、サービスするよv」なんて言われて、思わず買っちゃった子も・・・
もちろん、母クレオパトラの為のお土産です!

エジプト写真 15
ホテルの食事は、毎回豪華にビュッフェ型式。朝から、パンだけでも、こんなに種類があります。
この写真は、ルクソールの、ホテルメリディアン。5つ星ホテルです。
各々好きなものを取ってきて食べ、お互いに「これはどこにあったの?」「あれがおいしかったよ」なんて、情報交換していました。

エジプト写真 44
朝食以外は、エジプトでは、飲み物代は別料金。
コーラやオレンジジュースなどはもちろんですが、水を飲むのも、お金がかかります。日本では信じられませんね!
10ポンド=200円くらい

エジプト写真 16
4日目最初の見学地は、メムノンの座像。
昔は後ろに宮殿があったのだけれど、後の王によって解体されてしまったそうです。ポツンと寂しそう。
周りは、農村地で、おじさんがヤギや羊を連れて、畑を耕しています。お手伝いをしている子供もいます。

エジプト写真 19
「タフタフ」という乗り物。
エジプトの遺跡は大きいので、この暑さの中歩くのは、大変。そこで、このタフタフが、タフ(tough)な力を発揮してくれるのです。
ちょっと揺れるけれど、遊園地のアトラクションみたいで楽しい!

エジプト写真 48
ハトシェプスト女王葬祭神殿は、広くて2階建ての、とても美しい神殿。
壁のレリーフの色彩が、びっくりするほど綺麗に残っています。

エジプト写真 47
星空をイメージした天井、エジプトの守り神であるコブラや鷲のレリーフ。
何千年も前のものとは思えないほどの美しさです。

エジプト写真 21
歴代ファラオ達が眠る墓場、王家の谷を見学。
日光を遮るものが何もない中を、汗だくになりながら歩きました。
ツタンカーメンの墓は、想像以上に小さくて、質素な感じ。
それに比べて、他の王のは、立派だったな。

エジプト写真 22
「なんだか怖いなぁ・・・」「大丈夫、ゴーストありません」なんてガイドさんに促され、内部へ。
ファラオを守ってくれるようにと、壁一杯に神様のレリーフが彫られています。

エジプト写真 50
アラバスター(大理石)の置物屋さんに行きました。
本物の大理石は、光にかざすと透けるそうです。
勿論、ここでもお買い物。上手く交渉できずに、無理矢理買わされそうになる場面もあって、ヒヤヒヤ。

エジプト写真 24
船に乗って、ナイル川の向こう岸まで渡ります。
風が冷たくて、良い気持ち。
川岸には、荷物運びのラクダやロバが休憩していました。

エジプト写真 26
「赤い砂漠」ダハシュール。その名の通り、地面を掘ると、赤い砂が出てきます。
ピラミッドも赤い石で出来ているので、「赤ピラミッド」と呼ばれています。

エジプト写真 27
またまた登場、ラムセス2世。
自己顕示欲の強かったラムセス2世は、やることが全部でっかい。
この横たわる立像も、なんと高さ15メートル。凛々しくて立派な王様だったんだろうな、と想像。

エジプト写真 30
絨毯の学校。生徒たちと同じくらいの年の女の子達が、絨毯の作り方を勉強しています。
上手な子は、目にもとまらぬ早業で、縫っていきます。
一本一本、気の遠くなるような作業です。

エジプト写真 53
エジプト最大の市場、ハン・ハリーリ。その人の多さや、しつこい客引きに、フラフラ。
けれど、こちらも負けていない。あの手この手で値段交渉し、いろいろなお土産を買いました。

エジプト写真 54
エジプトはイスラム国家。
女性は人前で肌をさらしてはいけない、というイスラム教の教えに従い、女の人はみんなスカーフを被っています。

エジプト写真 56
最後の日、もう一度ピラミッドを見に来ました。
もしかしたら、この先、一生来ることはないかも知れないから、この風景をしっかりと、胸に刻みつけておこう。
2度目とあって、少々余裕有り。写真を撮るにも、良い場所を選ぶことができました。

エジプト写真 57
本屋さんで、一人一人、エジプトの資料を買います。
日本語の資料が手に入った子はいいのだけれど、売り切れて買えなかった子は、まだ手掛かりのある英語の資料を買いました。
みんなで読み比べて、教え合います。

エジプト写真 63
注目の人物、元気学園の男子生徒です。砂漠の広場を走っています。すっごく暑いです。なのになぜ走っているのでしょう?
それは、この広場、ファラオの印として、儀式の時走るのだそうです。ラムセス2世も高齢にもかかわらず走ったそうです。
となると、走らずにはいられませんね。男子生徒数人走ってました。汗だくで、(^_^;)

エジプト写真 35
市場のジュース屋さん。
入り口にはマンゴーのディスプレイ。注文すると、絞りたての新鮮なジュースを持ってきてくれます。100%マンゴージュース。甘くて濃厚で、とってもおいしい!
忘れられない味となりました。

エジプト写真 58
市場の裏路地の、暗くてちょっと怖い道を、ガイドさんに連れられて歩きました。
着いたのは、市場の奥の食べ物屋さん。
野菜やパンなどがずらりと並んでいます。

エジプト写真 37
これはターメイヤといって、豆のコロッケ入りのサンドイッチみたいなもの。日本では食べられない味で、おいしかったよ!
写真のTシャツは、ヒエログリフを刺繍してもらったもので、注文して作ったオリジナル。ネックレスも、銀でヒエログリフが掘ってあるのです。大のお気に入り。

エジプト写真 39
エジプト出国カード。
絵柄は、エジプトを象徴するスフィンクス。
思い出が頭をよぎります。「あ?あ、もう帰っちゃうんだよね・・・」

エジプト写真 40
旅行中、何度も飛行機で移動したのだけれど、今度はこれが最後。
さすがに、みんな熟睡。
旅の疲れが一気にでてきた感じです。

エジプト写真 42
「あれ、ピラミッドがみえる???」「違う、あれは富士山だ!」
懐かしい日本に帰ってきました。このとき、飛行機は、大きく揺れたのです。
ひゃあ?、怖かった。でも、すぐに無事到着しました。
全員事故もなく安全に日本に戻れてよかった。感謝!

エジプトは、行く先々で、世界遺産の見所が待っています。
あまりにも、素晴らしすぎて、選ぶのは、難しいのですが、一番印象に残った場所をアンケートしてみました。その他にも、食べたもの、お気に入りのホテルなど、なんでも、いろいろランキングです。

印象に残った行き先は?

NO1 ギザのピラミッド
NO2 エジプト考古学博物館
NO3 アブシンベル神殿
ルクソール神殿
ハトシェプスト女王葬祭神殿
王家の谷
★順番がつけられないくらい、どこに行っても、感動の連続だった!

おいしかった物は?

NO1 アエーシというパン
NO2 マンゴージュース
 ハイビスカスジュース
NO3 ターメイヤ
 魚のフライ
 トマトスープ
(ギザのホテルのディナーにでてきた、トマトスープはとっても美味しかった。
 でも、翌朝のビュッフェででてきたのは、前日とは全く違って、やたら薄かった)

お気に入りのホテルは?

NO1 メリディアン・ルクソール
(みんな、ナイル川ビューの部屋にしてもらった。ここのオレンジジュースはおいしい。)
NO2 バスマホテル・アスワン
(丘の上に立つホテル。屋上からの眺めが最高だった)

お気に入りのお土産は?

NO1 名前入りTシャツ
NO2 頑張って値切った香水瓶
NO3 パピルス
 オベリスクの置物
 カルトゥーシュ
 (エジプトの民族衣装)

驚いたこと?

・幼い子供が働いていた
・水、トイレにお金がいること
・人によって、物の値段が違うこと
・何にでもバクシーシを要求された
・買って買ってと取り囲まれた
・宗教と生活の結びつき
・船着き場で、バスを降りたとたん、大勢の人が群がってきたこと
・至る所に銃器を持った警備員がいた
・常に荷物検査をされた
・働いている女性がとても少なかった

旅行中のハプニングは?

・バスの中まで押しかけてくる店員がいた
・お菓子がとにかく甘すぎた
・持ってみるだけと渡されて、買わされそうになった
・スーツケースが2回も開かなくなった。
・トイレが流れなかった
・シャワーの出し方が分からなかった
・お店の人に、ラムセス2世の置物を注文して買ったら、違うファラオのものだった

値切り方のコツ?

NO1 
・決まらないときは、立ち去る
NO2
・とにかくお金がないという
NO3
・思いっきり低い値段をいい、 相場を調べながら交渉する
・お店の人を見つめる!

このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2017年7月19日)
  • 家族と行く修学旅行、万里の長城
    家族と共に海外への修学旅行。
    万里の長城へ来てしまった!!
    山ほど世界遺産を見て、おいしい食べ物に舌鼓。
    可愛いパンダにも会ってきました! :-)
    (2017年7月6日)
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.