TOP > 保護者の方へ > お父さんの為の不登校講座 > 不登校 父親の出番です!家族の現実を見る目を持とう

不登校 父親の出番です!家族の現実を見る目を持とう

多くの家族を見てきて、決して強いお父さんだけが、家族の方針を決めているわけではなく、やさしいお父さん、一見弱そうに見えるお父さんであっても、家の方針を決める時には、大きな役割を果たしています。

元気学園に相談に来られる方も、父の決意や母の決意が伝わってくるような家族は、子どもの状態がどうであっても、子どもが、前に一歩、二歩と歩もうとします。
それは、親の断固とした態度、気迫を、子どもが「親が本気なんだ」と感じて、真剣に受け止める結果だと思います。

お父さんは、不登校について、子どもに一番近い存在であるお母さんを助け、冷静に判断して下さい。このままで良いわけはないと思いながらも「しかたない」 と諦めてしまって、アンバランスさの中で安定化してしまっている母子関係にメスを入れることができるのは、お父さんが最も適任です。
冷静さの中には、臨界 期と適時性を考慮に入れ、時間という概念も取り入れるといいと思います。しかし、合い言葉は、「焦らず急げ」です。焦って解決できることと、そうでないことがあります。

「もし〜だったら」という、その場逃れのじゃげな話(静岡弁でそうだったらいいねという意味です)に振り回されずに、子どもの理解力や学力、体力や同級生の中での力関係など、子どもやお母さんの視点からだけではなく、いろんな方向から総合的に見て、本質に目を向けて下さい。
移ろいやすい子どもの心に振り回 されずに、親がしっかりと、基本の位置を示し、そこに子どもの心を結びつけていてもらいたいと思います。それが、10代の大事な時期を失わないことにつな がるのです。

普段の子育てはお母さんに任せっきりでも、困ったときこそ、お父さんの出番です!

不登校問題は、片手間で解決できる問題ではありません。
それは、食事をはじめとする生活、運動、教育全般を、父と母が力を合わせても、仕事を休むなら可能ですが、言葉で、「やっておきなさい」と言うだけでは、決して子どもには通じません。
一緒にずっとついていることが必要です。
もし、言葉で言って聞かせられるような状態であれば、 既に解決している問題ですから、第三者の介入が必要です。
そこを誰とタグを組むかと言うことをお父さんの社会性をいかして、選ぶと良いと思います。

子どもと家族全体の現実を見る目をお父さんが持って下さい。
正直な話、親の見ている事と、実際の本人及び本人の困っている事との違いはたいへん大きいと感 じます。今までこの子のどこをみてきたのだろう?と思ってしまう事もあります。
子どもの気持ちに振り回されずに、気持ちは気持ち、心は心の問題、その時は そう受け取ったんだね。しかし、実際は、どうか?という理解をしていくのが間違いがないと思います。

人は誰しも、事実をそのままの形ではなく、自分の都合のいいように変えていきます。それが甚だしい人と、そうでない人がいるように、多少感情の部分は差し引いて現実をみると、全く違ってみえることもあるかと 思います。(終)

前
不登校;自力での会社の建て直し編、解決には何が必要か、施設の得意分野
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)
  • バス旅行、浜松城は出世城!
    浜松までバスでお出かけ。新入生は、過去を引きずってきます。不登校に至る過程での思い、ツラかった事、決して幸せではない過去を・・・。それらを、お出かけという気分転換で、吹き飛ばしていこう!!
    (2016年3月31日)
  • 卒業式2016
    答辞は会場中がすすり泣き。
    不登校をしていた頃。
    最初は、叱ったりおだてたりしていたお母さんが、だんだん、何も言わなくなってしまった・・その時間。
    自分なんか、消えてしまえばいい。
    「誰か助けて」と心の中で叫んでいた。
    …涙と感動の卒業式でした。
    (2016年3月23日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.