TOP > 保護者の方へ > お父さんの為の不登校講座 > 不登校;学校に行けと言っても編、不登校学力の問題

不登校;学校に行けと言っても編、不登校学力の問題

お父さんのための不登校講座 学校に行けと言っても社長の例に戻ると、経営難に苦しんでいる社長の会社を救済するには、
1.社長交代
2.公的資金導入
3.各部署の能力アップによる自力での会社建て直し
などの方法が考えられます。
1.社長交代から考えてみます。社長を不登校の子どもの頭に、会社を体に置き換えて、考えてみましょう。会社が立ちゆかない、ならば、「社長交代!」で、 頭脳の部分が変わると、急に社員の動きが良くなり、業績が良好になる企業が場合があります。では、その悪化の原因は何にあったのかというと、それは、社 長。社長自身が会社を止めてしまっていたからです。
子どもに対応させると、思考を司る部分、感情処理や、物事のとらえ方や考え方がおかしくなってしまっている状態です。元気学園で言い続けている「イヤの 壁」も自分自身が作っている壁であって、自分にとってものすごく嫌なことも、他人は、全くイヤじゃないのならば、それは個人的な問題です。
ただし、会社は社長交代ができても、人の体を分けることはできませんから、子どもの頭の部分を強化するには、理解力を高めたり、人に対する考え方を変えたりするということになります。
もちろん、勉強は無視できない不登校の大きな要因です。学校生活の大半は勉強に費やされていますから、親が思っている以上に、学力の問題は大きいと感じま す。不登校の子どもたちをずっとみてきて、9割以上の子どもに学力の問題があります。それは、学校を休んでいて勉強していないことからきているものと、勉 強ができない(分からない)から、学校に行かないという両方の面を持っていますが、後者の比率がたいへん高いということも、念頭に入れておいてください。 また、成績は、属する集団のレベルによってずいぶん違います。中高一貫校の進学校ではビリだったのが、公立に転校したら上の方だということもよくあり、学 校によってずいぶんの開きがあります。では、その学力を遅れていると考えるか、問題ないと考えるかは、親子の属したい集団の位置によって違うということを 決して忘れてはいけません。また、その立ち位置によって、解決方法の選択肢が変わってくるからです。
本人のプライドも、考えに入れて下さい。また、今もらっている成績とは別に、理解力で考えてみて下さい。例えば、学生の頃、テストで悪い点をとっても、 「勉強していないからできなかった、もし、時間をかけたら、分かるに違いない」ということに対しては、やればできると予測できるので、絶望感は少ないので すが、「やってもできない」と思うことに関しては、たいへんな困難さを感じます。模擬試験ではマークテストも多く、カンでも点数がとれますから、理解力= 点数というわけではありません。点数に惑わされないこと、そこは注意点です。勉強ができなくても学校に毎日喜んで行っている子もいるのに対して、成績の良 い不登校もたくさんいます。それぞれの家庭で「これくらいの成績を取って欲しい」という基準は違います。子どもに何を望むか、「健康であればいい」、「学 校に行ってくれさえすればいい」、「行くからにはそれなりの成績であって欲しい」、「将来○○といった職業に就いて欲しい」と目的が違うので、先ほどの、 立ち位置によって解決法が違うということに繋がっています。子どもが動かなくなるのは、今の順位や成績だけでなく、未来に対する展望のようなものを持てる かどうかにも大きく関係してきます。
では、次には、公的資金導入です。 

前
不登校:借金返済に苦しむ社長編、どうして学校にいけないか?
次
不登校:貸し渋り編、不登校していた時間を取り戻す難しさ
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)
  • バス旅行、浜松城は出世城!
    浜松までバスでお出かけ。新入生は、過去を引きずってきます。不登校に至る過程での思い、ツラかった事、決して幸せではない過去を・・・。それらを、お出かけという気分転換で、吹き飛ばしていこう!!
    (2016年3月31日)
  • 卒業式2016
    答辞は会場中がすすり泣き。
    不登校をしていた頃。
    最初は、叱ったりおだてたりしていたお母さんが、だんだん、何も言わなくなってしまった・・その時間。
    自分なんか、消えてしまえばいい。
    「誰か助けて」と心の中で叫んでいた。
    …涙と感動の卒業式でした。
    (2016年3月23日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.