TOP > 保護者の方へ > お父さんの為の不登校講座 > 不登校:借金返済に苦しむ社長編、どうして学校にいけないか?

不登校:借金返済に苦しむ社長編、どうして学校にいけないか?

お父さんのための不登校講座 借金返済に困る社長子どもが不登校や引きこもりになった時、お父さんは、どうしたらいいか。
会社では立派なお父さんも、家族の困った事に関しては、そう簡単には解決できません。自らも悩み、お母さんからは、子どもに関する悩みや愚痴を聞き、さら には、自分への非難!?へとエスカレートして、いい加減にしろ、と怒ってしまうこともあるかもしれません。子どもに最も近い存在であるお母さんがヒステ リーを起こすというのは、それだけ困っているという証拠だと理解しましょう。
子どもの悩みは、ダイレクトに母親の悩みとなり、今度は、お母さんの神経が衰弱してしまい、「このままでは家族みんながダメになってしまう。」と、そこでお父さんが登場するというのが、元気学園で多い相談ケースです。
また、父親は、娘には強く言えず、息子とは、すぐに喧嘩になってしまう傾向があります。
子どもから話を聞こうとするが、はっきりした答えは得られない。怠けているような、そうでないような、わがままなような、違うようなと判断に迷ってしまいます。
書店で見つけた本を頼りに行動すると、子どもが仕事に行っている間に親の本棚を見て、「あっつ、あれね」とすぐにその手段を見破られてしまっているのも気がつかずに・・・・ということもあります。
親が子どもを知るよりもっと、子どもの方が親をよく知っています。親の黙らせ方は、子どもの方が一枚上手です。

対応には、まずは、子どもの状態をよく知ることです。
人は、自分が経験していないことについては、なかなか理解できません。しかし、身近なものに置き換えると、知る最初の入り口に立てるかもしれませんから、不登校の子どもたちの状態をよりわかりやすくするために、会社社長に例えてみました。

借金の返済に苦しむ社長は、返したいけど返せない。なぜなら、お金がないから。「返せ、さもなければ・・・!」と脅されれば、「明日まで待ってください返します。」と言うのですが、実際は、ないものはないですから、次の日には、・・・。

不登校の子どもたちも同じようなことがおこっています。行けるなら行くし、行って楽しいところだったら喜んでいく。しかし、行けない。だから、明日は行く といって、部屋に引きこもってしまいます。歌で心境を表現すると、「やだねったら、やだね(>_<)」
行こうとする→→→→→行けない→→→→行けるようになる
この→→を埋めるのは、元気学園は、心の持ちようだけではなく、それよりもっと、学校に行くのに必要な体力学力コミュニケーション能力を備えた実力だと考えています。

さて、借金に苦しむ社長を、追い詰めるとどうなるか?
「窮鼠猫を噛む。」このことわざ通りのことがおこります。お隣の国が、アメリカや日本などGDPでは到底かなわない国から、自分たちの主張を通そうとしている姿を思い浮かべてください。
自国とその国民を質にとって、脅すというあれです。
親子関係も、子どもを追い詰めれば同じ事がおこります。お互いに消耗し合うだけなので、それより、どうしたら解決できるかを考えた方が得策と言えるでしょう。

社長の例に戻ると、経営難に苦しんでいる社長の会社を救済するには、
1.社長交代
2.公的資金導入
3.各部署の能力アップによる自力での会社建て直し
などの方法が考えられます。  
では、まずは、社長交代から。

次
不登校;学校に行けと言っても編、不登校学力の問題
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 涙と笑いの卒業式
    ああ、思い出すだけで涙がでてくる。
    ああ、思い出すと、吹き出しちゃう。
    涙の一部と、笑いの二部、卒業式の様子です。
    (2018年4月2日)
  • 静岡マラソンに参加、42.195キロへの挑戦
    静岡マラソンは、1万人を超える参加者。
    その中で、フルマラソンおよびファンランの11.6キロに、男子生徒が参加しました。
    がんばりましたよ〜〜〜!
    (2018年3月16日)
  • ふじのくに地球環境史ミュージアム
    地球誕生の頃、46億年前の岩石を触ってきました!
    アウストラロピテクスのルーシーにも出会ってきました。
    三ヶ日原人もいました。
    面白い話をたくさん聞いてきたよ!
    (2018年3月1日)
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2017年7月19日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.