TOP > 保護者の方へ > 不登校 お母さんへの応援歌

不登校 お母さんへの応援歌

「不登校で困った」と言っても、困り方は様々。
困り方と同じだけ原因もあるのですが、すべてを全部一緒にしてしまうのではなくて、一つずつ取り出して考えてみると、見えてくることがあります。
学校にいかなくなった原因と、子供が家で悪態をついたり、部屋から出てこなくなる原因は別と考えた方が良いでしょう。
今回は、学校に行かなくなった原因の方に着目して、お母さんに応援歌です。

「子供がこうなったのは、親のせいなのでしょうか。」

「いや、そうではないと思いますよ。親より先に本人の問題があると思いますよ。」
と元気学園では答えます。

不登校はまず、子供の能力の問題があり、それに対して、親がうまく対応できるかどうかの問題が発生していると思うのです。

相談で出会う父母の多くは、心底悩んでいるし、困っています。子供のことに一生懸命です。
でも、その期間が長くて、疲れているのも事実。
「もう、お手上げ、誰か、どうにかしてよ。」
これは、子供がいろんなことをやり尽くしてきて、親も精一杯やってきてどうにもならないという時間を過ごしてきて、介護疲れのような状態になってしまっています。

親からすると、我が子がかわいい、我が子が大好き。
かわいいから、放っておけない。かわいいから、心配もする。
三軒隣の子供だと思ったら、決して、腹も立ちもしないし、客観的に見ることができるのに、我が子にはそうはいかない。
喧嘩をしても、ご飯を食べさせないといけないし、また、食べないと心配をする。
何より、勝手にしろと言っても、知らんぷりなんてできない。
一生懸命な人ほど、腹が立つもので、一生懸命な人ほど、伝わらないと、辛くなる。
それが、どんどんエスカレートすると、かわいさ余って・・・・
親は子供の応援団長。特にお母さんは、一番そばにいて、一番身近な存在。
我が子を外から守ってあげようと思えば思うほど、しっかり教育しようとすればするほど、親子関係が捻れてしまいます。
サッカーでも熱狂的な応援団は、フーリガンと化します。
不登校や引きこもり問題も、ひいきの引き倒しで、フーリガン化してしまうことがあります。

不登校、引きこもり問題を考えるに、親より何より一番の原因は、子供の能力の問題だと元気学園は考えています。
学校で一日務まるだけの体力がないとか、勉強がわからない、同級生とやりとりするコミュニケーション能力が足りない、人とタイミングを合わせるのが苦手、 過度に神経を遣って疲れてしまう、義務的なことが嫌いで、共同作業ができないなど、本人の問題が大きいと思うのです。
もちろん、親は無関係ではありません。
また、親の育て方が大きなウェイトをしめている場合もあります。
しかし、多くが、始めに、子供の能力の問題があって、親がそれを補ったり躾けることができなくて次の問題が発生しているように感じます。
学校に行けなくなった最初の原因は、本人の問題が大きく、その後、対処方法についてや時間が過ぎてしまった事への後悔、家族が仲良く暮らせないことなどは、環境や親の問題が大きいのではないかと考えます。
悩みが長期化すると、鶏が先か卵が先かのように、どっちが先か皆目見当もつかなくなってきますが、順番にたどってみれば、子供の問題の方が先なんじゃないかなと思うのです。

だから、親はがっかり肩を落とし、今までのことを一つずつ悔やむのではなくて、子供の現在の状態に合わせた、新しいやり方に変えた方が良いのではないかと思います。
子供は、実力があれば困りません。
まずは、落ち着いて、実力を付けるためにはどうしたらいいのかを考えてみると良いのではないでしょうか。

学校の先生も、全国に小中高合わせて86万人以上います。学校関係者でいうと、文部科学省、教育委員会、大学の先生、錚々たるメンバーが付いています。しかし、そう簡単には解決しない不登校問題です。
先生のアドバイスや親子だけで解決ができる時期もありますが、問題が捻れてしまったり、時間と共に、勉強の遅れなど二次的、三次的な問題が起こり始めると、なかなか、親子だけでは難しく、第三者の介入が解決の近道となります。
自分たちでは無理だという結論に達するのも、新らたな展開を生み出します。
信頼できる第三者の介入によって、家族間の交通整理ができれば、見えなくなってしまっていた本当の原因が姿を現してきます。

解決方法は一つではありません。
いろんな施設や相談場所があり、向き不向きがあります。
元気学園もすべての子供に適しているわけではなく得意分野があります。
どこがいいかは、親が、自分の足を使って、行動して、「ここなら!」と思えるところを探すことが必要だと思います。
まず、親が、そこにいる人を信頼できるかどうかが問題だと思います。
不登校や引きこもりの子供たちは、人間不信で、人アレルギーのような状態に陥っているし、外に出たがらないものです。でも、心は人を求めていたりもしま す。だから、それに代わって、親が自分の足と時間を使って、子供に合う場所を探してあげるといいと思います。
口先だけでは、子供にも通じないし、実体が分からないものです。

親の誠心誠意は、的外れでなければ、子供に通じる時が来ます。
元気学園へ相談に来られる方も、子供が全く動かなくても、親が学園の生徒たちと一緒に過ごして、「うちの子も、こんなに穏やかで、にこやかに居られるかもしれない。」という希望を持ち、親が安らいでいくと、自ずと子供も動き始めます。
このようなケースは稀ではなく、多くの生徒たちがこうしてやってきて、教育後、学校に復帰したり、社会で活躍したりしています。
だから、子供に合った、適切な対処をすれば、今の悩みを解決する方法があるんだと希望を持って下さい。

親は、特にお母さんは、子供のことで、自分を責めないで下さい。
今までしてきた事は、子供によかれと思ってやってきたことではないですか。
きっと、その時々で、一番いいことだと思ってやってきたのではないかと思います。
でも、良い結果が得られなかったというだけなのです。
だから、反省をしてうなだれてしまうのではなく、やり方を変える方に発想を転換して、そのエネルギーを前向きな力にすれば、一日でも早い問題解決につながるのではないかと思います。

次
不登校や引きこもり そっとしておくのがいいの?
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)
  • バス旅行、浜松城は出世城!
    浜松までバスでお出かけ。新入生は、過去を引きずってきます。不登校に至る過程での思い、ツラかった事、決して幸せではない過去を・・・。それらを、お出かけという気分転換で、吹き飛ばしていこう!!
    (2016年3月31日)
  • 卒業式2016
    答辞は会場中がすすり泣き。
    不登校をしていた頃。
    最初は、叱ったりおだてたりしていたお母さんが、だんだん、何も言わなくなってしまった・・その時間。
    自分なんか、消えてしまえばいい。
    「誰か助けて」と心の中で叫んでいた。
    …涙と感動の卒業式でした。
    (2016年3月23日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.