TOP > 不登校に向かい合う > 中学生の不登校(29) > 子育てのアウトソーシングで失っているもの

子育てのアウトソーシングで失っているもの

現代の子育ては、アウトソーシング。
長い産休がとれないと、3か月で仕事に復帰。その後、保育園に預けて、幼稚園、学校だけではなく、習い事に学習塾と、お母さんと一緒にいる時間よりずっと他人といる時間のほうが多いことになります。
小さいころから保育園で育てられた子どもたちに共通しているのではないかな、と思うことが、
「何もしない子がいい子」。

何もしないということは、悪いことをしない代わりに、良いこともしないのです。
保育園や託児所などの施設は、子どもの安全を守るということが、何よりも大切なことです。
だから、怪我をしないように、事故をしないようにと育てられると、結果、「何にもしない子」になっていってしまっているのではないかと思うのです。
決して、保育園などが悪いのではないのです。安全を守るのが仕事なのですから。
しかし、もし、母親が子どもを育てていたら、ちょっとくらい危険なことも、親の責任の元にかなりのレベルまで「大丈夫」となるでしょう。
これは、お母さんと親しい人、例えば、父方より母方のおじいちゃんやおばあちゃんの方が、大丈夫のレベルが高くなります。預かっている側が、子どもではなくて、「お母さん」に遠慮があります(^^ゞ。
子どもの能力を伸ばすという意味では、血縁だけの問題ではないのですが、かなりあてはまるのではないでしょうか。

様々な事をして子どもは成長していく。

子どもは無駄なことをいっぱいして、それがタンコブになって、そこから伸びていくものです。
だから、何にもしない子を何かする子にするのはたいへんです。
中学生以上の年齢になって、その価値観をかえることは、ものすごーーーーく大変なのです。

大人になって役に立つ人というのは、「何かしてくれる人」。
何もしない人は、このグローバル化された競争相手が日本人だけではない社会で、必要とされるかどうかというのを考えてみなければなりません。

子どものためと思って一生懸命働いているお母さん。
でも、気が付くと、こんな落とし穴がありますよという警告です。
一度、この観点で、子どもを見てみてください。子供らしさって何なのでしょうね。

この幼い頃の子育てについては、今のところ5テーマ問題点を指摘したいと思っています。
子どもを長く預かっているからわかる。不登校の修羅場から解決まで一貫して見ているからわかる元気学園ならではの視点です。

前
やる気と強気は同じ木、でも弱気は?
次
運動と勉強を組み合わせると脳の働きがアップ
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2017年7月19日)
  • 家族と行く修学旅行、万里の長城
    家族と共に海外への修学旅行。
    万里の長城へ来てしまった!!
    山ほど世界遺産を見て、おいしい食べ物に舌鼓。
    可愛いパンダにも会ってきました! :-)
    (2017年7月6日)
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.