TOP > 不登校に向かい合う > 中学生の不登校(29) > 20歳になった時の姿を予想する子育て

20歳になった時の姿を予想する子育て

お誕生日のお祝い。
生活力に関していうと、全く問題なし。いつも、先生たちの話を、「うん、うん」と頷きながら聞いているから好感度が高い。それに、人気者(男子からも〜(o^∇^o)ノ)。

今日は、お父さんお母さんもやってきて一緒にお祝い。
去年の誕生日のあの家での暗さを思うと、今年は、子どもが屈託なく笑うようになって、みんなに大切にされて、嬉しいです。・・・とお母さんは、涙。
よかったです。

お父さんからの話;
元気学園に来る前に、相談に行ったり、学校と話をしても、「いい子ですよ。問題はそうありませんよ。」と言われ続けて
「でも、じゃあ、なぜこの状態なんだ!」
「不登校もこの閉塞感も、一向に解決しないではないか。」と、ずっと思っていた。
ということです。
 

全然知らなかった自分の子どもの事

「でも、元気学園にきて、先生と話をして、今まで聞いたことのない問題点の指摘が次々でてきて、最初は、驚くばかりでしたが、まさにそれは、うちの子の不登校の核心をついていて、それを理解するまでに半年くらいかかたったけれど、ようやく、分かるようになってきました。
何より、子どもの姿が、すべてを語っています。ありがとうございます。」
そして、先生から、わが子の話を聞いて、「自分の子供だから知っていると思っていたことが、全然知らなかったんだ」ということに気が付きました。そのおかげで、見方が変わったし、子育ての勉強にもなりました。

「本人が、「誰も自分のことを知らないところでやり直したい。」と言って藁をもすがる思いで連れてきたことが、縁の始まり。
良い出会いでした。感謝します。」
と、とても喜んでいました。
 

二十歳の時にどうなっているかを予測する。

時間が差し迫っていて、常にでてくるのが進学問題。
学園としては、どの子に対しても、学校の次の、「どうやって生きていくか。」を考えていて、同時に、台風の進路予測のように、将来どの程度まで伸びるかについて、いつも頭の中で、計測しています。

これがですね〜、手前味噌になりますが、うちのスタッフの予測、本当に当たるんです。
(多分、卒業生たちやその父母は、これを読んで、大きくうなずいているでしょう!
ホントダヨって。)

でも、これって、当てずっぽじゃなくて、頭の中で、スーパーコンピューター並みの計算をしているんです。
日々の観察の中で、「こんなことができるようになった」とか、「これが得意のようだ」という情報を元に、軌道修正を行ったり、伸びていく別の方向に新たな軌道計算をしてみたり。

まずは、20歳の時にどうなっているかを予測して、今何をさせていくかを考えています。
預かっている間は、親代わりですから、わが子たちの将来を思わない日はないという、本当の親と同じなのです。


努力が報われるんだと思える環境を作ると伸びる。


誕生日の主人公の場合の伸び代とは、向上心と地道さ。
だから、今後、この向上心を満たせられるだけのものを与えられ、「努力が報われるんだ!」と思える環境があれば、伸びるでしょう。

あまり会わない父母とは、話をする機会はありませんが、どの子に対しても、このように将来の進路予測しながら、教育をしています。
縁あって、こんなに近くに毎日いるのですから、親しさは、親戚以上。
子どもたちが、自分の人生に満足しながら生きて欲しいです。
そのためには、実力です。
自分で飛ぶ力がついた時が元気学園を卒業していく時。自然に扉が開きます。

前
日本平キャンパス効果:素直になっていく
次
不登校と心臓の関係:心臓の状態をチェック
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2018年5月14日)
  • 涙と笑いの卒業式
    ああ、思い出すだけで涙がでてくる。
    ああ、思い出すと、吹き出しちゃう。
    涙の一部と、笑いの二部、卒業式の様子です。
    (2018年4月2日)
  • 静岡マラソンに参加、42.195キロへの挑戦
    静岡マラソンは、1万人を超える参加者。
    その中で、フルマラソンおよびファンランの11.6キロに、男子生徒が参加しました。
    がんばりましたよ〜〜〜!
    (2018年3月16日)
  • ふじのくに地球環境史ミュージアム
    地球誕生の頃、46億年前の岩石を触ってきました!
    アウストラロピテクスのルーシーにも出会ってきました。
    三ヶ日原人もいました。
    面白い話をたくさん聞いてきたよ!
    (2018年3月1日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.