TOP > 不登校に向かい合う > 中学生の不登校(29) > 子どものイライラ、学校と家庭の隙間の問題

子どものイライラ、学校と家庭の隙間の問題

疲れた!が引き金になって・・・

何か活動をしていると、みんな体力差があるので、疲れ方が違います。

それは、ある程度理解しているので、休憩を多めにとるようにしているのですが、それでもという時のために、「疲れたら言ってね。」l「休憩してね。」と声をかけておきます。
 
しかし、後になって、疲れたー、もうイヤダーと泣き出したり、ものすごく不機嫌になることがあって、それが引き金となる事件は、大事件(関わっている人の悪口など)に発展することがあります。たいへんだ!!
実は、これって、不登校の原因の一つです。
また、不登校ではなくても、学校ではへらへらしているのに、家でにいるときは、すごく機嫌が悪いという子いますよね。その不機嫌の原因でもあります。
 
この問題は、学校であったことを家に持ち帰るので、その隙間に入り込んで、どちらからも意味不明の領域ですが、学校と寮生活を連続して見ている元気学園では、はっきりとわかります。
 
これについて、原因と、解決策を探し続けています。

まず、自分の状態がわかるようになること

まず、言えるようになること。
状態を言葉で表現できるようになるというのが目標です。
 
でも、「休みたい」と言いずらい状況とか、今言うのは、まずいという事より、
その前の段階として、自分がどんな状態かわからないというのが大きいように思います。
疲れているかどうか、イヤになっているかどうか、その時はわからなくて、後で、すっごーーーーく、嫌で自分だけ辛いことをしたような気分になってしまうのです。
自分のことを、自分でよくわかっていない?!
・・・というのが、傍にいて感じることです。
 
普段の笑い話でも、
顔色悪いね。調子悪いんじゃないの?
と言っても、
「大丈夫です。」と言い張る。
でも、ちょっと走ると、
「せんせい、今日は苦しいです。」というので、だから、さっき、調子悪そうだって言ったよね!!(^_^;)。
次の日には、「だるい。(目を合わせず・・・不調を訴える)」と言ってきます。
「気が付くまでに、ずいぶん、時間がかかるね。」といって笑いあうのですが、
こういうことが、日常茶飯事です。
 

次に自分の状態を正しく伝える

例えば、寒いと思って、長袖も持っているのに、羽織ろうとしない。
「寒くない?」と聞くと、「寒いです。」という。「じゃあ、着たら。」と促すと、「ああっ!」、というように、言われて初めて気ずく。
暑いときも同じ、重ね着しているのを1枚脱げばいいのに、脱ぐことを思いつかない。
これと同じように、自分の状態を何となくはわかるのだけど(無意識の意識)、でも、意識の上にのぼってこない事がよくあるのではないかな。
 
自分のことを自分で分かるようになる。
違いが分かるようになる。
相手に今の自分の状態を、正しく伝えられるようになる。
 
まわりとの軋轢を生まないためにも、こういうことが、できるようになっていけるといいなと思います。
 
また、体力があれば、疲れたもイヤも減っていくので、ぜひ体力をつけて、
パワフルになってもらいたいです。
前
目を離しても大丈夫な子育て
次
上の子が下のきょうだいに与える影響
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)
  • バス旅行、浜松城は出世城!
    浜松までバスでお出かけ。新入生は、過去を引きずってきます。不登校に至る過程での思い、ツラかった事、決して幸せではない過去を・・・。それらを、お出かけという気分転換で、吹き飛ばしていこう!!
    (2016年3月31日)
  • 卒業式2016
    答辞は会場中がすすり泣き。
    不登校をしていた頃。
    最初は、叱ったりおだてたりしていたお母さんが、だんだん、何も言わなくなってしまった・・その時間。
    自分なんか、消えてしまえばいい。
    「誰か助けて」と心の中で叫んでいた。
    …涙と感動の卒業式でした。
    (2016年3月23日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.