TOP > 不登校に向かい合う > 高校生の不登校(24) > 体力があるとストレスを感じにくくなる

体力があるとストレスを感じにくくなる

精神的な強さを求められている現代です。
心を鍛えるのは、人によってストレスの感じ方が違うので、ほどよいストレスを与えるには、子どもが何に対してどれくらいのストレスと感じるかを観察する目が必要です。
心と体は密接につながっていて、心の痛みには、頭痛薬が効くそうです。
おもしろいなぁ(^-^)。医学雑誌に掲載されていました。

ストレスに強くなるためには、どうすればいいか?
肉体的なストレス、学生ですと、マラソン大会だとか、部活の練習などのストレスには、体力があれば、ストレスとならないというのは、すぐに理解できますが、心理的なストレスにも、体力があると、ストレスに強くなることが分かっています。

例えば、疲れやすい人、疲れている人に、あれこれ細かな愚痴や注意をすると、急に怒り出すことがありますが、元気な時には、同じことを言っても、同じようにはなりません。

元気学園の運動療法による、体力強化で、子供たちは、みるみる元気になっていきます。
そんな、つらいような運動をさせているわけではありません。
普通に学校に行っているのと同じくらいですが、心拍数の上下やその耐久時間を調節しているので、体の使い方が、ただ単に運動させているのと違うのです。

元気になっていくと、不平や不満、文句が減っていきます。体力がないと、できない言い訳が必要となるので、悪口と愚痴のオンパレードに。
体力がないと、少しの刺激が、大きな打撃と感じてしまいます。
だから、体力があるって、子供たちの心に寛容さを生み出してくれる、1つの要素です。
大器晩成の大器は、器が大きいこと。
心の寛容力という器と体の体力という器、兼用なのかもしれません。
 

次
子どもの言葉に負けないお母さんの愛、防衛大学卒業
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2018年5月14日)
  • 涙と笑いの卒業式
    ああ、思い出すだけで涙がでてくる。
    ああ、思い出すと、吹き出しちゃう。
    涙の一部と、笑いの二部、卒業式の様子です。
    (2018年4月2日)
  • 静岡マラソンに参加、42.195キロへの挑戦
    静岡マラソンは、1万人を超える参加者。
    その中で、フルマラソンおよびファンランの11.6キロに、男子生徒が参加しました。
    がんばりましたよ〜〜〜!
    (2018年3月16日)
  • ふじのくに地球環境史ミュージアム
    地球誕生の頃、46億年前の岩石を触ってきました!
    アウストラロピテクスのルーシーにも出会ってきました。
    三ヶ日原人もいました。
    面白い話をたくさん聞いてきたよ!
    (2018年3月1日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.