TOP > 不登校に向かい合う > 高校生の不登校(24) > 大学合格で、小・中・高での不登校の劣等感が薄れるといいな

大学合格で、小・中・高での不登校の劣等感が薄れるといいな

晴れて大学に合格し、卒業していく生徒をみんなでお見送りしました。

昨日は、さよならカラオケ大会をして、手作りケーキは、「私も手伝いたい!私も、私も」と仲間たち勢ぞろいで参加。今日はまたもやドアゲで壮行会です。この勢いで頑張ってほしいと思います。

小学校、中学校、そして高校と、ずっと不登校状態で、本人もだし、お母さんは苦しんだんじゃないかと思います。
元気学園では、本人の「イヤとの戦い」をしてきましたが、その大変だったこと。お母さん一人では、支えきれず、精神に変調をきたすほどでしょう。この人数いても、もう学園全体を揺るがすほどでしたから・・・・(^_^;)。

人と一緒にいられないというのは、今この瞬間だけでなく、この後の大きな問題で、「一緒にいる」ということができるようになったのは、元気学園での大きな収穫。

そして、本人が一番気にしていた、勉強。
なにせ、「勉強したい。勉強しなければ。」といっていつも言っていました。「それより、まず、表情豊かに返答するとか、人と協力できるといったことの方が大切ではないの?」と言っても、「いや、それより学力!!(^_^;)。」
しかし、学園の分からないところを見つけて教えるという手間をかけた学習指導の成果は、小学校の不登校で抜けている穴を埋め、成績は、うなぎ上りに上がっていきました。
模試の結果を見て、嬉しそうに笑う姿は、印象的でした。

不登校でも受け入れてくれる高校も入学したけれど、やっぱり何か違うと高校3年生になっての元気学園入学でしたが、みんなが知っている大学に3つも合格して、プライドという面では大いに満たされたということです。
よかった。
この「勉強・大学進学」については、本人の中では、最・最・最・最高の優先順位だったので、納得できる結果を胸に、今後の頑張りに期待したいです。

贈る言葉は、「笑顔」。
自分の中に、「他人からどうみられているのか」という他者の目をいれて、いつも、爽やかな笑顔で、まわりの心を和ませられたらいいな。
そして、幸せを感じて生きていって欲しいです。

前
話を聞く様子で、学校復帰の時期がわかる
次
臨界期を逃さずに教育したら直る!だから、日本の子供を助けて
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)
  • バス旅行、浜松城は出世城!
    浜松までバスでお出かけ。新入生は、過去を引きずってきます。不登校に至る過程での思い、ツラかった事、決して幸せではない過去を・・・。それらを、お出かけという気分転換で、吹き飛ばしていこう!!
    (2016年3月31日)
  • 卒業式2016
    答辞は会場中がすすり泣き。
    不登校をしていた頃。
    最初は、叱ったりおだてたりしていたお母さんが、だんだん、何も言わなくなってしまった・・その時間。
    自分なんか、消えてしまえばいい。
    「誰か助けて」と心の中で叫んでいた。
    …涙と感動の卒業式でした。
    (2016年3月23日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.