TOP > 不登校に向かい合う > 高校生の不登校(24) > 商家の家訓から、家が続くことと不登校問題について

商家の家訓から、家が続くことと不登校問題について

最近、読んだ本の中に、「商家の家訓」というのがあります。
文字通り、三井、三菱、などの旧財閥、ふとんの西川など、今に続く商家の家訓が書いてあって、どこも共通している内容が以下の事でした。

1.まじめに働く
2.家が続くように努める
3.質素倹約を旨とする
4.自分だけが良い商売ではなく、世の中の役に立つことをする

当たり前のことを当たり前に継続するのが難しいのは、日ごろから十分わかっているつもりですが、「やっぱりか!」と思ってしまいます(^^ゞ。

どの一族も、家が続くことを第一目的にしています。
この頃、「お家の為」なんて、時代劇のセリフでしか聞かなくなってしまいましたが、この家が続くことについて、考えさせられました。

遺伝子は利己的なもの。
自分の気持ちとは別に、DNAはどうやってでも生きながらえようとしています。それが、生殖であり、子孫を残すことにつながります。
子どもは、自分が長生きすることでもあるといえるでしょう。
というのは、利己的な遺伝子の立場からすると、人は遺伝子の乗り物。親から子に、外面を変えているだけで、DNAは、生き続けよう、永らえようとしているからです。

親から子、子から孫に続くということは、自分が、形をかえて長生きするということ。
その自分は、どこからきたのでしょうか?
何にしろ、危機を逃れ、ラッキーと絶好のチャンスによって、ながらえてきているものです。
ある意味、自分のものであって、自分ではないのかもしれません。
自分も、遺伝子様の一時の乗り物にすぎないのかも・・・・?!
そう考えていくと、家が続くというのはとても大切。

不登校問題と、家が続くことは、決して無関係ではありません。
少子化問題も相まって、わが子がよりよく育つというのは、「お家の一大事ですぞ!」ということになります。

これを読んでくださっているみなさんに、本をもとにアドバイスを。
この本に載っている、立派な家の初代は、どこも長生きで、人一倍働き者。
健康で、長生きで、人一倍働いて、一人で何人分もの人生を生きているというのが、すべて共通していることでした。

とりあえず、健康から見習うことにしよっと(^−^)。
さあ、明日から、子どもたちもスタッフも体力増強に努めることにします。
 

前
臨界期を逃さずに教育したら直る!だから、日本の子供を助けて
次
一人っ子の特徴 - part2
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2017年7月19日)
  • 家族と行く修学旅行、万里の長城
    家族と共に海外への修学旅行。
    万里の長城へ来てしまった!!
    山ほど世界遺産を見て、おいしい食べ物に舌鼓。
    可愛いパンダにも会ってきました! :-)
    (2017年7月6日)
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.