TOP > 不登校に向かい合う > 研究:運動療法による不登校の心と体の変化 > (2)不登校の心臓や自律神経系の変化、うつ状態

(2)不登校の心臓や自律神経系の変化、うつ状態

不登校の原因、もしかしたら、心臓かも?

日本大学との共同研究の結果、ピアサポートによる運動療法により、心臓ポンプの増強、自律神経活動のバランスの改善がみられた。また、一般高校生530人男女とうつ状態を比較すると、入学時に高かったうつ状態は、3か月後には、一般高校生と同レベルまで低減した。

日常生活の中に、ピアサポートによる身体活動を取り入れることは、不登校生徒の循環器系の向上をもたらし、同時に心理的変化でもある、抑うつ傾向や社会的不適応状態を改善し、さらに、ポジティブな気分を引き起こす。

子どもたちの声の中で大きいのが、「朝起きるのが楽になった」「夜、早く眠くなる」「ベッドに入っても以前はなかなか眠れなかったのに、すぐに眠れるようになった」「夜、熟睡している」という睡眠と目覚めの変化である。
昼間の変化としては、「お腹がすくのでたくさんご飯を食べるようになった」「食べ物の好き嫌いが減った」「運動が楽になってきた」「勉強中、集中できる時間が伸びた」「ちょっとのことで、いらいらしなくなった」という声がきかれる。
これらより、生活の質が向上していることがわかる。

心拍数と健康状態の関係

元気学園入学後、1ヶ月で、立位も仰臥位(寝た状態)も両方の心拍数が減っているのが、左図からわかる。同時に、医療検査の結果、心臓を打つ力が強くなっていた。
運動療法の結果、心臓のポンプの力が増強された。
疲労や不健康な状態の時、心拍数は増え、ポンプの力が弱まり、循環が悪くなることが知られている。この結果は、それとは、逆の現象であり、循環器系の大きな改善が見られる。

不登校の自律神経系のバランス

左の図は、入学後6か月間の自律神経活動の変化を表したものである。副交感神経の働きを示すHFは、減少傾向にあり、それは、副交感神経の働きが良好になっていることを示している。交感神経の働きを示すLF/HFは、上昇傾向にあり、これは、交感神経の働きが良好になっていることを示している。
この結果から、自律神経系のバランスが改善しており、生活の中に取り入れられた運動刺激に対して、循環器機能はすぐに適応・向上している。これにともない、生活機能の改善も推測される。

不登校のうつ状態を一般高校生と比較

うつ状態を調べたところ、3か月後、6か月後でうつ状態のはっきりとした低下がみられた。一般の高校生(530名)と比較すると、入学時のうつ傾向は、有意に高い。
しかし、3か月後には、有意なさが認められないため、入学3か月後には、一般高校生レベルまでうつ傾向が低減していることが明らかとなった。

これらのことから、生活習慣改善にも影響する豊かな運動行動は、心臓のポンプ作用を強化し、自律神経活動の向上を促進する。その心理的な影響としては、ポジティブな気分を生起し、うつ状態の改善に貢献している。
これらのことから、身体運動による心理的恩恵に加えて、運動実践での仲間との相互援助体験により、社会性機能向上が相乗して、心理的・社会的不適応状態を改善していることが考えられる。

自律神経とは:

自分の意志とは無関係に、血管や心臓、胃腸、膀胱、ホルモン、汗、唾液などを支配し、体を自動的に調節する神経。交感神経と副交感神経があり、アクセルとブレーキとの関係で働く。交感神経は、闘いの神経ともいわれ、闘いの前の緊張した状態になる。一方、副交感神経は癒しの神経といわれ、リラックスした状態をつくりだす。これら二つの神経のバランスが崩れると不調がおこる。 

前
(1)運動療法による不登校の心と体の変化 大学との共同研究
次
(3)不登校生徒の心理的自立・社会的スキルの変化
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)
  • バス旅行、浜松城は出世城!
    浜松までバスでお出かけ。新入生は、過去を引きずってきます。不登校に至る過程での思い、ツラかった事、決して幸せではない過去を・・・。それらを、お出かけという気分転換で、吹き飛ばしていこう!!
    (2016年3月31日)
  • 卒業式2016
    答辞は会場中がすすり泣き。
    不登校をしていた頃。
    最初は、叱ったりおだてたりしていたお母さんが、だんだん、何も言わなくなってしまった・・その時間。
    自分なんか、消えてしまえばいい。
    「誰か助けて」と心の中で叫んでいた。
    …涙と感動の卒業式でした。
    (2016年3月23日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.