一人っ子の特徴 - part1

昨今、少子化の影響で、一人っ子がすごく増えていて、学園の生徒でも、相談者でも、一人っ子率がとても高くなっています。
一人っ子の特徴というと、すぐに、わがままとか身勝手とイメージが浮かびそうですが、私は、そんなことはないと思います。
しかし、一人っ子たちと付き合ってきて、明らかにきょうだいがある子供とは違う特徴があります。

それは、「理不尽に弱い」ということ。

例えば、お兄ちゃんやお姉ちゃん、弟や妹がいると、なぜか理由はわからないけれど、さっきまで機嫌がよかったのに急に怒り出して、叩かれる。自分が泣かしたんじゃないけれど、自分のせいにされて、叱られる。お菓子を、取り上げられる。
など、意味もなく、相手の気分次第で、かなりの仕打ちをうけます。
だから、育っていくうちに、自然と、自分の理解できないことがおこっても、「人ってこんなもんだ」というのが身についていきます。

しかし、家族の中に子供が一人となると、横取りされることもないし、意味もなく後ろから蹴られたり、驚かされたりすることもないので、そういう、理不尽に慣れていません。
もし、子供同士での理不尽な行動を、大人が代わりにしようとすると、大人と子供の力の差がありすぎて、明らかな「意地悪」となってしまいます。
まずしないと思いますが、しないでくださいね。性格がゆがむと困りますから('A`|||)。

一人っ子ではないけれど、最近は、年が離れたきょうだいも多く、二人いても、一人っ子と一人っ子のように育ってしまうようなところがあります。

理不尽なこと(本当に理不尽なこと+自分の理解の範囲を超えること)を受容していくという感覚は、精神的な強さ、我慢力にも値するので、一人っ子にも、理不尽を受け入れるように、教えていきたいですね。
しかも、それが、意地悪してではなく、自然に身に付くように。
そうなると、思春期に自己というものを獲得しますから、その前の年齢が有効なのは明らかです。
えっつ、もう年を過ぎてるって?
早いに越したことはないですが、わが子の教育ですから、手遅れと思わずに、知恵を使って工夫をして、取り組みましょう。

元気学園で出会う子供たちは、ほとんどが、思春期を迎えて、自分というものを強く持っています。
寮生活は、大勢のきょうだいがいるようなものですから、毎日が、人間関係をつくる練習です。
子供たちには、人というものは、良い心も悪い心も一人の人間の中に共存しているもので、人の中にある、親切、優しさ、それに理不尽な行動も、一人の人の中に混在しているもの。
だから、「人ってこんなものだ」と受け入れるような心の土壌を育てるように努めています。
また、同時に、今の自分にとって理不尽と思うようなことの中には、その時点の理解力では、理解ができないからそう思うのであって、視野が広がり、思慮が深まれば、全く違って感じられることが含まれているということも教えていかなければと思っています。

一人っ子と不登校の関係については、不登校Q&Aコーナーをどうぞ:
>> 一人っ子は不登校になりやすいのか?

>> 一人っ子の特徴 - part2 はこちら

前
ぜんそくが治った
次
不登校を直すポイントは、ちょっとした遠慮
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2018年5月14日)
  • 涙と笑いの卒業式
    ああ、思い出すだけで涙がでてくる。
    ああ、思い出すと、吹き出しちゃう。
    涙の一部と、笑いの二部、卒業式の様子です。
    (2018年4月2日)
  • 静岡マラソンに参加、42.195キロへの挑戦
    静岡マラソンは、1万人を超える参加者。
    その中で、フルマラソンおよびファンランの11.6キロに、男子生徒が参加しました。
    がんばりましたよ〜〜〜!
    (2018年3月16日)
  • ふじのくに地球環境史ミュージアム
    地球誕生の頃、46億年前の岩石を触ってきました!
    アウストラロピテクスのルーシーにも出会ってきました。
    三ヶ日原人もいました。
    面白い話をたくさん聞いてきたよ!
    (2018年3月1日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.