TOP > 不登校に向かい合う > 中学生の不登校(29) > 不登校を直すポイントは、ちょっとした遠慮

不登校を直すポイントは、ちょっとした遠慮

不登校をしていた子供たちが元気学園にきて、直っていくのはなぜかというと、「ちょっとした遠慮」があるからです。
寮生活だからこその効果だと思います。
不登校で家にいると、社会とのつながりが希薄になります。
そして、不登校や引きこもりの原因の一つに、家と社会との温度差があります。

家では、気兼ねする必要がなくやりたい放題、お母さんは口うるさくは言うけれど、一方お手伝いさんのように何でもしてくれます。家にいても、食事に洗濯、何も困ることがなく過ごすことができます。

でも、外の世界は違います。
自分のできないことには、他人にお願いしてやってもらわないといけないし、気は遣って疲れるし、できないと恥ずかしいし、バカにもされるし。
そうした、心地よいぬるま湯のような家庭と、厳しい外の世界の温度差に、子供が耐えられないと言って、家に逃げ込んでいるのが不登校や引きこもり状態です。

その家と社会との温度差を埋めているのが、元気学園の生活。
人に良く思われたい、こんなこと言ったら、嫌われるかな。
これを人前でしたら行儀が悪いよね。
本心、本音が、全部でてしまったら、うまくいかないことも、「ちょっとした、遠慮」が、それにストップをかけてくれます。

ちょっとしたというのがポイントで、すごい遠慮、すごい緊張では、3日と持ちません。だから、続く程度の「ちょっとした遠慮」ができる環境が必要なのです。
親は、子供にとって、子供の心がどこかに行ってしまわないように杭にならなければならないときもあれば、失敗したときに身を守ることができる安全地帯でもあります。
だから、親の前ですっごく良い顔をしようとするというのは問題あり。いい顔は外でするもの。
勉強が大嫌いで毎日逃げているのに、親には、頑張っていると言って、また親もそれを信じ、どんどん新たな要求をしていく。逆に外での態度が本音。となっていくと、家と外の関係に、ねじれが生じてしまいます。
また、逆に、世間の厳しさを子供にぶつけすぎても、イヤを助長するばかりで、子供が拒絶反応をおこします。
勉強は!!と本人の能力を超えた要求をすると、ただただ現実逃避。まず、取り組もうとしません。

だから、「外でちょっといい顔をして緊張、家ではのびのび。」というのが理想。
子供たちにとって、元気学園は、世間ほど厳しくないけれど、やっぱり何でも好き勝手にできる家とは違う存在。
立場が違うものである元気学園と家庭が子供の成長という一つの目的に向かって、互いにそれぞれのバランスをとりながら、両輪となって、足並みをそろえて進むことができると効果は絶大となります。

この、「ちょっとした遠慮」が、どうしても同級生と競争しなければならない学校や社会へ出る予行演習となり、自分と同様に他人の心があるということを理解し、相手に対しての思いやりの心を育てていくのです。

前
一人っ子の特徴 - part1
次
不登校の家と社会の温度差
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2018年5月14日)
  • 涙と笑いの卒業式
    ああ、思い出すだけで涙がでてくる。
    ああ、思い出すと、吹き出しちゃう。
    涙の一部と、笑いの二部、卒業式の様子です。
    (2018年4月2日)
  • 静岡マラソンに参加、42.195キロへの挑戦
    静岡マラソンは、1万人を超える参加者。
    その中で、フルマラソンおよびファンランの11.6キロに、男子生徒が参加しました。
    がんばりましたよ〜〜〜!
    (2018年3月16日)
  • ふじのくに地球環境史ミュージアム
    地球誕生の頃、46億年前の岩石を触ってきました!
    アウストラロピテクスのルーシーにも出会ってきました。
    三ヶ日原人もいました。
    面白い話をたくさん聞いてきたよ!
    (2018年3月1日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.