TOP > 不登校に向かい合う > 中学生の不登校(29) > 不登校生18才までに身につけておきたい事

不登校生18才までに身につけておきたい事

指をのせてみた不登校の子どもたちにとって、進学問題は大きな悩みで、中3、高3は、受験生だと親も子も身構えているように思います。
しかし、その前に、実力はどうかと考えてみて下さい。
不登校の子どもたちは、習っていないから知らないことも多いし、何より学力については、定着していません。学力の定着というのは、大人の知識のように、何となく知っているというのではなく、暗記して何も調べなくても頭の中にあるもので、いつでもどこでも使える物です。
子どもたちをみていて、一番大きな問題だと思うのは、学力以前に、
1.健康、2.子どもの性格、3.価値観です(元気学園ではこれも実力のうちだと考えています)。

1. 健康は、すべての基礎となることですし、骨の発達が17才くらいまでですから、成長過程に骨と筋肉を鍛えるのが最も効率が良いことです。心と体の関係は、元気学園の運動療法の結果から明らかです。

2.性格については、少しのことで、くじけてしまって、努力が続かないこと。そして、それに伴い、愚痴や言い訳、誰かのせいにしたいがためにでてくる悪口。これは、年齢が上がるにつれて、大きくなっていきます。一旦くじけたら、リカバーできず、継続ができないというのは、将来働けないということに繋がってくる、たいへん深刻な問題です。

3.価値観においては、人と「なじまない」ということを引き起こします。みんなが重要だと思う事がそうではなく、さして重要でない事が本人にとってはとても大切で、日常の些事から、人生の選択まで、少しずつ違って、人とうまくいかい、なじまないのです。人と違うから良いという価値観もありますが、社会というのは助け合って成り立っている物ですから、その点においては、共通の価値観が必要です。

2.3は、人の性質に関することなので、自我が固まってしまう年齢である18才くらいまでに、身につけさせたい事です。もちろんそれ以上の年齢になっても可能ですが、「自分はそうは思わない」と「イヤの壁」に阻まれ、たいへんな努力と苦労と忍耐が必要です。
このように、子どもの教育には、中高生の時間が、大人として働く土台をつくる上でとてもとても大切です。
18才までに、できる限りの積極的な教育をすることで、大学に進学したり働いたりという選択肢がでてくるのであって、それを抜きにして大学に行かせたいと思っても、うまくはいきません。

不登校の子どもたちをもつ親御さんへ、不登校の子どもたちを大勢みてきている者からのアドバイスとして、「中学・高校の時間を無駄にしないで欲しい。」と願います。教育するなら18才までに、できる限りの手間と時間をかけてあげて、手間というのは、お金をかけるということに繋がるのかもしれませんが、積極的に教育してあげれば、子どもが変わっていく可能性が十分にあるということです。
教育というのは、手間をかけた分、違うのです。
手間をかける価値は必ずあります!
そこで、1.2.3の力を身につけて、更に学力を得れば、大学へ進学しようがしまいが、きちんと働いて毎月収入を得られます。
今、目の前にある問題を先送りして、「働けない」という悩みが何十年にも渡って親子を苦しめる方が、精神的にもつらく、経済的にも緊迫感をもたします。
元気学園では人となじむためには、積極的な人との関わりの中でしか直せないと考えていますし、必要な能力を身につけるには、1回教えて分からないことは、10回。それでもできないことは、根気よく100回、本人の様子をみて、1000回教えてしてみるのがよいかと考えています。1000回でもできなければ、1001回という気持ちで、長い目で見て達成度を設定できれば、たいていのことは乗り越えられるんじゃないかなと思っています。これは、国公立大学に進学するようなある程度学力が高い子にも、苦手なところがありますから、いろんな場面で、このような精神が、こどもたちを伸ばすのだと信じて取り組んでいます。 教育機関はいろいろあり、向き不向きがありますから、すべての子どもが元気学園の教育システムに適応するわけではないと思います。そこで、子どもとの相性がよいところで、しっかりとした力を養えるよう、親の人生経験の中からそれぞれの施設の教育力や適正を判断し、環境を整えてあげて下さい。

前
不登校はすぐ直る・・・けどね
次
他人を悪者にせずに世間を広げる方法
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2017年7月19日)
  • 家族と行く修学旅行、万里の長城
    家族と共に海外への修学旅行。
    万里の長城へ来てしまった!!
    山ほど世界遺産を見て、おいしい食べ物に舌鼓。
    可愛いパンダにも会ってきました! :-)
    (2017年7月6日)
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.