TOP > 不登校に向かい合う > 高校生の不登校(24) > 不登校、教育の成果:逃げない姿勢

不登校、教育の成果:逃げない姿勢

大学生が自宅から通っている実習先でうまくいかなくなって休んでしまって、家で困らせていると連絡が入りました。
そこで、対処し、次の日からにこやかに出かけて行きました。
これだけでも、すごいことです。
相手の要求に応えられるようになるには、まだ時間が足りないといったところの見切り発進だったので、うまくいかないのは、想定内のこと。それは、実力が十分でないので、もう少し時間をかけて実力をつけるために努力するしか有りません。実力はすぐにはつかないので、今後の課題です。
しかし、そこで、「元気学園の先生なら助けてくれる」と思ったから、連絡をして、助けを求め、そして、次の日から出かけていけるというのは、「信頼」という気持ちがあるからです。人を信頼する気持ちが本人に芽生えたのです。
もし、1年前なら、こういう事態になったとき、もう二度と行かない、学校も辞めると言って、会話が成り立たなかったと思います。成長を待つために、1年浪人するという形をとったのは正解でした。
人を信頼できるから、「この人が助けてくれるのなら、もう一度やってみよう!」と思え、恥ずかしい、イヤだなという気持ちを抑えて、勇気をだして出かけて行けたのは、素晴らしい成果だと思いました。

さらに、話が続いて、
2日ほどは、行ったのですが、「注意して観察し、それを表現する」という苦手なところを指摘されて、またまた休んでしまいました。
本人は、ずいぶん落ち込み、家でも困らせたようですが、お母さんに電話でアドバイスする程度で、しばらくすると、学園に戻ってきました。

それには、大きな成長を感じました。
どんな人でも、レベルが上がっていけば、うまくいかないこともあるし、失敗することもある。
でも、その時に、
はやく機嫌をとりもどす
そして、「いつも通りの生活をする」という元の場所にもどることができることが一番大切だと思います。
取り直す力、ということを、今まで教えてきました。
それが、できた。ということが、何にも増して素晴らしいと思いました。

嫌な事があっても、すぐに普通の生活にもどることができるようになれば、必ず道は開けます。
取り直せない人が、不登校となり、休んでいる間にさらにまわりから遅れていって、どうやっても追いつかない、バツが悪いと思うと、引きこもりになりと、つながっていくのです。社会に出たら、学生以上にもっと重要な事です。
元気学園では、「ご機嫌は15分で直そう」といつも言っています。
学校にいれば、嫌な事もあるし、気に入らないこともある。でも、それを引きずらず、休み時間の15分で、ご機嫌を直すことができれば、大きな問題にはなりません。
怒り出すと止まらない、泣き出すと止まらない、不機嫌になると、何日も続いてしまうというのは、大・大・大問題です。
不機嫌な人のまわりからは、人が逃げていきます。

こうして、すぐに立て直して、決して「逃げない」ということを学んだのですから、これからは、逃げなければ、次第に力もつくし、人からも信用されます。
問題解決能力を得たということです。
今居るこどもたち、新しく出会う子どもたちが、このような力を身につけ、自分の人生から逃げずに、幸せになって欲しいです。

前
不登校の4月:新高校1年生編
次
中学・高校の不登校の人数と引きこもりニートの関係
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2018年5月14日)
  • 涙と笑いの卒業式
    ああ、思い出すだけで涙がでてくる。
    ああ、思い出すと、吹き出しちゃう。
    涙の一部と、笑いの二部、卒業式の様子です。
    (2018年4月2日)
  • 静岡マラソンに参加、42.195キロへの挑戦
    静岡マラソンは、1万人を超える参加者。
    その中で、フルマラソンおよびファンランの11.6キロに、男子生徒が参加しました。
    がんばりましたよ〜〜〜!
    (2018年3月16日)
  • ふじのくに地球環境史ミュージアム
    地球誕生の頃、46億年前の岩石を触ってきました!
    アウストラロピテクスのルーシーにも出会ってきました。
    三ヶ日原人もいました。
    面白い話をたくさん聞いてきたよ!
    (2018年3月1日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.