TOP > 不登校に向かい合う > 中学生の不登校(29) > アジアで不登校が急増する理由

アジアで不登校が急増する理由

気球を下から見ると もうかなり前になりますが、韓国のメディアから、不登校が増加しているので、元気学園を取材したいという話がありました。
その時の取材はお断りしましたが、「とうとう韓国でも不登校問題が大きくなり始めたのか」と思いました。
今後、不登校は韓国だけでなく、経済発展を遂げている中国でも、さらに増加していくのは、間違いないでしょう。

ヨーロッパでの不登校問題は、そう聞かないのに、どうしてアジアに急増していくのか?
それは、中国、韓国、日本の歴史は中国の科挙が色濃く影響しており、試験に受かれば、身分に差がなく立身出世できるという背景があるからではないかと考えます。
日本では、時代を遡ると、聖徳太子が身分に関係なく、優秀な人材を登用せよといっております。「立身出世の近道は、学問にあり。」とばかりに、子どもに我が果たせなかった夢を託し、親はせっせと稼いだお金を学問をさせるために使う。親の職業を子どもが継承するより、違う職業につくことを望むのです。

それに対して、ヨーロッパは違います。
例えば、日本の親は、自分が米を作っていて、孫や息子に、良い仕事だから、同じ事をするようにという人はあまりいません。
元気学園でアンケートを採ってみても、おじいちゃんが米を作って生活していても、それを継ぎたいと思う、継いで欲しいと言われたという子どもはゼロです。農業だけでなく、親の職業を子が継ぐということが少なく、親も子もそれを余り望まず、多くがサラリーマンとなっていきます。ヨーロッパでは、何代も続いて同じ職業をして、子どもや孫が継承するということが、日本に比べてたいへん多いです。

我が子の将来を考えるに、不登校で学校に不適応を起こしているまさにその状態であっても、親御さんは、大学に行かせたいと言います。
でも、よく考えてみると、出かけてもいかない中学であり高校なのに「さらに難しい勉強をする大学に行かせたい」、また子どもの方も、「大学には行きたい」というのは、聞きようによっては、おかしな話です。
しかし、日本人は、それを不思議だとは思いません。
どちらかというと、それが当たり前のような、またそれがとても良いことのような気がしてしまいます。
適正を考慮し、勉強が苦手なのだから、違うことをさせた方がよいのではないかという考えには至らず、とにかく学校に行かせて、勉強をさせよう。そして、まわりから少しでも先に出て欲しいと思うのは、科挙試験の呪縛なのかな・・・・(-_-;)などと思ってしまいます。
そうして、学校に執着し、その結果、不登校を増やしていくのです。
1000年以上前から、知らず知らずと身にしみついてしまった、試験によって出世する、勉強する事こそが将来安泰という考え方は、日本人のみならず、中国や韓国、アジア世界を席巻しているのではないでしょうか。

そういえば、ユダヤ系のアメリカ人が、数十年前、日本に来て、日本人が声をそろえて、公務員かサラリーマンになりたいと言ったので驚いた。と言っていましたが、強い公務員志向というのも、「もしかして、科挙試験の名残なのかな?」なんて思ってしまいます。

科挙とは:不登校と科挙の関係について書いてみましたが、科挙知らないという人のために。

前
不登校の8月:夏休み
次
不登校の4月:中学、高校編
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 登呂遺跡博物館へgo!
    弥生時代の生活の様子が分かる、登呂遺跡。そこにできた登呂遺跡博物館に出かけて行きました。
    体験コーナーで弥生時代の衣装を着ることができたり、火おこししたり・・・竪穴式住居の中を見たり、いろんな体験が出来ました。
    (2014年7月1日)
  • 梅狩りボランティアに行ってきました
    梅狩りのボランティア活動に行ってきました。梅雨のさなかに、お天気に恵まれました。
    青空が見える、爽やかな空気の中で深呼吸。きもちいい〜。
    知らない人から「ありがとう」という言葉をうけるって、嬉しいですね!
    (2014年6月23日)
  • 得たもの失ったもの2014<体験談>
    毎年、年度末に生徒たちが、「得たもの、失ったもの」を書いてきます。
    箇条書きで書いてくる子、文章で書いてくる子など、様々です。
    そのまんま、直しをせずに、アップします。
    これを読むと、その時の心理や、成長の過程が分かります。
    若い、ひたむきさや、正直さに満ちています。
    (2014年4月24日)
  • 日本平桜マラソンを更新しました
    日本平桜マラソンをイベント体験ページに掲載しました。
    みんな、よくがんばりました。参加者全員完走できました。
    ほら、この写真の、やったぜ!という空気。
    ものすごいパワーです!
    (2014年4月13日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
携帯サイトへのアクセスは
このQRコードをご利用下さい

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.