TOP > 不登校に向かい合う > 不登校:臨界期と適時性(18) > 躾は人とのコミュニケーション能力を高めるスキル

躾は人とのコミュニケーション能力を高めるスキル

不登校と臨界期 しつけ直し元気学園で言う「しつけなおし」とは、礼儀正しさを求める前段階の、相手を不愉快にさせない振る舞いができるようになることです。

人が2人以上寄ると、自分以外のルールで動くことになるので、社会一般の基本ルールのようなもの。
今までも幼い頃から何度も何度も言われてきているだろうと思うけど、結果としてできないようなことです。
例えば

相手が自分に向かって話をしているのに、知らんぷりをしたり、よそを向いている。
また、聞こえないふりをしたり、目を合わせない。

これは、家では親子のなれ合いで、何とも思わないくらい慢性化しているので、気がつかないものですが、外でこんなことをすると、まわりは違和感を持ってしまいます。決して良い印象を与るってことはありませんよね。

こういうことを繰り返していくうちに、人が近づいてこなくなってしまいます。

嫌なことがあると、泣いたり、明らさまに顔色を変えたりするのも同じ事。
その場にいる同級生の気持ちを考えると、「〜どうしよう。泣かしちゃった。」「そんな顔しても、みんなはそれで良いって言っているんだから・・・・。」と、困ってしまう。

周りが急いでいて、本人もそれを知っているのにの〜んびりして、ずっと待たせる。
これって、毎回決まった人がするものですが。、「速くしろ!」なんて言いたくない、しかもいつも。
だから、言わなくても良いようにスピードアップして欲しい。
こう思うのが、年が近い子どもたち。人には、なかなか言いにくいものです・・・言っても聞かないし(^^ゞ。

「急いで、と言う人がいじわるだ。」というのは、おかしいよ。そうでなくて、待たせる方が、「できるだけはやくしなくっちゃ。ごめんね。」と思えるようにするのが、第一目的。

次に、そうしているうちに、まわりのペースに合わせられるようにするのが第二目的。

人と一緒に居ようとすると、我慢したり相手に合わせたりすることは避けられません。また、時には我慢だけでなく、自分の考えを相手に上手く伝えることも必要です。
いやな態度で、イヤを表現していては、嫌な関係しか生まれない。

人と視線を合わせるようになると、与える印象が良くなるだけでなく、勉強もできるようになる。
授業中、目で先生をじっと見ている子ほど、成績が良く、その時間に学んだことをよく覚えているのですよ(これ、ほんとです)!!。

躾といっただけで、なぜか厳しいとイメージが結びついてしまうのですが、厳しいと感じるかどうかは、人それぞれ。
同じ事をしても、当然と思う人もいれば、厳しいと感じる人もいますね。
例えば、「信号を守ること」は法律で決められているけれど、普段から信号を守っている人は、当たり前のことだから厳しいも何もないものですが、信号無視を頻繁にしている人にとっては、それは厳しいルールになってしまいます。

何事も、できないから厳しいのであって、できるようになると当たり前のことに変わっていくのですよ。
真っ直ぐ立つ、声で返事する、傍若無人な態度をしないなど、できる人から見れば、どうしてできないの? 何でしないんだろう?

何一つ難しいことではありません。小学校に上がる前の子供にだってできる。その証拠に、今まで何度も聞いたことばっかりで、初めて言われることなど一つもありません。

しつけられて身についたことは、コミュニケーション能力を高めるスキルの一つ。
それに、人柄にもつながるものなので、強制されないとしないのではなく、自然にできるようになって、日々、大いに使ってもらいたいです。

前
不登校の勉強の遅れを取り戻す [できない穴を埋める勉強]
次
器用さを手に入れる
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)
  • バス旅行、浜松城は出世城!
    浜松までバスでお出かけ。新入生は、過去を引きずってきます。不登校に至る過程での思い、ツラかった事、決して幸せではない過去を・・・。それらを、お出かけという気分転換で、吹き飛ばしていこう!!
    (2016年3月31日)
  • 卒業式2016
    答辞は会場中がすすり泣き。
    不登校をしていた頃。
    最初は、叱ったりおだてたりしていたお母さんが、だんだん、何も言わなくなってしまった・・その時間。
    自分なんか、消えてしまえばいい。
    「誰か助けて」と心の中で叫んでいた。
    …涙と感動の卒業式でした。
    (2016年3月23日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.