自助努力できる子に

不登校と臨界期 自助努力できる子に学園では、「年齢が同じでも能力の差がある」というところから指導をスター トさせています。 だから、学校とは違って、集団活動はあるものの、その子の能力に合わせて、「しなくてはならないこと」と「今はできなくてもいいこと」があると考えています。

能力というのは、学力だけでなく、運動能力や体力も含まれ、もちろん個人の性質や性格なども加味しています。

能力を考慮にいれて、いろんな指示や教育をした時に、その子が十分やれるだけの能力があることしかさせていないはずのに、できるはずのことをしないという状態が発生することがあります。

例えば、自分のことを自分でしないというのは言うまでもありませんが、掃除などの義務的なことが嫌いであるとか、重要なタイミングにいなくなってしまう(トイレに行ったりしちゃうんです!)とか、それを注意すると、逆に注意されたことに腹を立てるなど。
家庭で、お母さんとの親子喧嘩の原因と重なるところがあるのではないでしょうか。

これらを一言で表すと、自助努力をしない
その自助努力ができないというのが、たいへん由々しき問題です。
その理由は、一緒にいてくれる人が、「こんないい加減なヤツとはいたくない」と、一人、二人と、関わるのをやめて、いなくなってしまうからです。

「自分のために、自分のできる程度の事は努力する。」 というのが、元気学園のいう自助努力。
人に助けてもらわないとできないこともある。
だからといって、人に「全部やって」では、何事も力が付かないですよね。また、それでは、いつか周りがイヤになってしまう。
立てるのに、立とうとしない人を支え続ける苦労は如何ほどのものなのでしょうか?
これと同じ事が、不登校や引きこもりをしている子どもたちの中の一部でおこっています。

子どもによって、それを身につけさせるのが、とても大変なことだというのは、よく分かります。どのくらい分かるかというと、まさに、我々がそれに、日々悩まされています。
生徒を預かって、生徒と暮らし、生徒の親代わり、そして、指導者となって、将来をどう切り開いていくか、どっちの方向に導いていくと最善かを常に考えています。
どうしたら、そこを突破できるのかを。

気の向いたことしかしない、言い訳が多い、何事も受け身、といった状態では、周りにいる親切にしている人が、いつか根を上げる日が来ます。
また、一生懸命親切にしてくれる人ほど、腹が立つもので、人の心とはそういうものなのです。

子どもによって(個人での)差はあるにしろ、年齢が低いほど、自助努力することを教えるのはたやすいことです。 お母さんの子どもへの接し方や育て方とも無縁ではありません。未来指向性と重なる部分があります。
生徒たちが人の中で暮らしていけるようにというのは、学園の一番根底にある希望。進学や就職は、そのための手段であって、決してそれが目的ではありません。

自助努力をしなければ、人は離れていってしまいます。
そうならない為にも、今ここで、自助努力できるようになり、社会で役割を得られるように育って欲しいと願うのです。

前
環境で人は変わる
次
気持ちが思考を止めている
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)
  • バス旅行、浜松城は出世城!
    浜松までバスでお出かけ。新入生は、過去を引きずってきます。不登校に至る過程での思い、ツラかった事、決して幸せではない過去を・・・。それらを、お出かけという気分転換で、吹き飛ばしていこう!!
    (2016年3月31日)
  • 卒業式2016
    答辞は会場中がすすり泣き。
    不登校をしていた頃。
    最初は、叱ったりおだてたりしていたお母さんが、だんだん、何も言わなくなってしまった・・その時間。
    自分なんか、消えてしまえばいい。
    「誰か助けて」と心の中で叫んでいた。
    …涙と感動の卒業式でした。
    (2016年3月23日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.