気持ちが思考を止めている

不登校と臨界期 気持ちが思考を止めている感情コントロールを付けることを目的にしている子供がいるが、それは、感情が思考を止めてしまうからだ。
すぐにカッとしたり、怒り出したら止められない、悔しい、悲しいという感情と脳の働きの関連性が言われている。
感情が脳の働きをセーブしてしまうのだ。

人間の脳には、ワーキングメモリーという作業領域がある。
そこでは、意味のある情報を意識的に保持しつつ操作する働きをしている。
本を読むときも、前に出てきた単語を覚えつつ、文章を理解しようとする。
ワーキングメモリは、普通の生活をするのに、一番使われる部分だ。

もし、悲しみ、怒りなどの排他的な感情が頭にあると、それが、ワーキングメモリの8割を支配してしまう。
ということは、残りの2割で、処理を行わなければいけなくなる。
10ある能力の、2しか使えないわけだから、何をしても実力通りの結果にはならないのは、想像に難くない。

思考を止めないようにするには、感情コントロールを身につけるしかない。
性格や性質は、「三つ子の魂百まで」といわれる通り変わらないものがある。
しかし、制御する力というのは、経験や訓練によって身につく事だ。
だから、ちょっとしたことで怒りや悲しみが強い子や、なかなかそれがおさまらない子について、感情コントロールを身につけられれば、常に、自分の持っている力をだせるようになる。
自分では抑えられない感情を自分自身でコントロールできるようになるには、簡単なことではない。
しかし、適した教育方法と環境、そして、多くの体験や経験を組み合わせることによって解決することができる。

前
自助努力できる子に
次
協力することについて進化心理学の観点から
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 涙と笑いの卒業式
    ああ、思い出すだけで涙がでてくる。
    ああ、思い出すと、吹き出しちゃう。
    涙の一部と、笑いの二部、卒業式の様子です。
    (2018年4月2日)
  • 静岡マラソンに参加、42.195キロへの挑戦
    静岡マラソンは、1万人を超える参加者。
    その中で、フルマラソンおよびファンランの11.6キロに、男子生徒が参加しました。
    がんばりましたよ〜〜〜!
    (2018年3月16日)
  • ふじのくに地球環境史ミュージアム
    地球誕生の頃、46億年前の岩石を触ってきました!
    アウストラロピテクスのルーシーにも出会ってきました。
    三ヶ日原人もいました。
    面白い話をたくさん聞いてきたよ!
    (2018年3月1日)
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2017年7月19日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.