あごの発達と歯並びの臨界期

あごの発達とは並びの臨界期「歯は1%小さくなるのに、1000年かかるが、あごは一代で30%も小さくなる。」

あごの大きさと歯並びは、咀嚼力やかみしめる力に直結しているので、看過できない問題である。
歯並びの悪い子がとても多いのは、現代の子供たちの特徴だが、生徒たちの中には、歯並びだけでなく、かみ合わせが異常に悪い子が多い。そして、かみしめる力が、とても弱い。
かみ合わそうとしても、歯と歯に隙間が開いて、歯が合わなくて噛めない子がいる。
フランスパンがかみ切れない。
食事の時に、「いつも、飲み物をたくさん飲むな」と思っていたが、飲み物で柔らかくして食べたり、流し込んだりしているようだ。
こういう事は、意外と親が知らない。
歯並びが悪いことは知っているし、歯科矯正もしているのだが、食物をどの程度咀嚼できているかまではチェックできていない。まさか、かみ切れないものがたくさんあるということなど・・・・。

かみ合わせの問題は、あごだけでなくて、頭蓋骨の変形などもあってかみ合わせが悪いこともあるし、体の歪みが原因の事もある。
歯も骨の一部なので、全身の問題となる。

健康及び、子供たちの集中力や落ち着きのなさ、肩こりや頭痛にも繋がることなので、それらのことを考え合わせて、教育プログラムに入れているが、あごが一代で30%も小さくなるという事実を知ると、愕然とする。

前
協力することについて進化心理学の観点から
次
不登校の勉強の遅れを取り戻す [できない穴を埋める勉強]
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2018年5月14日)
  • 涙と笑いの卒業式
    ああ、思い出すだけで涙がでてくる。
    ああ、思い出すと、吹き出しちゃう。
    涙の一部と、笑いの二部、卒業式の様子です。
    (2018年4月2日)
  • 静岡マラソンに参加、42.195キロへの挑戦
    静岡マラソンは、1万人を超える参加者。
    その中で、フルマラソンおよびファンランの11.6キロに、男子生徒が参加しました。
    がんばりましたよ〜〜〜!
    (2018年3月16日)
  • ふじのくに地球環境史ミュージアム
    地球誕生の頃、46億年前の岩石を触ってきました!
    アウストラロピテクスのルーシーにも出会ってきました。
    三ヶ日原人もいました。
    面白い話をたくさん聞いてきたよ!
    (2018年3月1日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.