TOP > 不登校に向かい合う > 中学生の不登校(29) > 保健室登校や行ったりいかなかったりは不登校の前兆ではない

保健室登校や行ったりいかなかったりは不登校の前兆ではない

保健室登校・・・問題の先送りしていませんか?

遅刻や、保健室登校、休み休みでも学校に行くというのは、不登校の前兆と考えられがちですが、完全に不登校とイコールです。

経験から言うと、全く学校に行かない状態より、長引くことになります。

それは、子ども自身の一貫性がなく、その日の気分(気持ち)が何より優先されるという問題。
そして、さらに拍車をかけて長引かせる原因が、親子関係にあります。

親のほうは、「とりあえず行って欲しい、行かないなら・・・・(ただじゃおかないぞ!)」

子どものほうは、「学校はイヤだけど、とりあえず、親が許す範囲で最低限のことだけはしておかないと・・・(こわいこわい)。」

このように、親子で綱引きのようなことをしていて、相手の出方次第で、少しは変えるけれど、根本的なところでは、全く変わらない。

学校との関係、それも同じように、綱引きではありませんか?
実際に、目を向けてほしいのは、子どもがその時間何をしているか。同級生は勉強や運動、自分を高める努力をしています。

こんなことをして、時間だけ経っていくのです。
問題の先送りを、親子でしているのです。
 

時間を無駄使いしてはいけない。

根本的な子どもの原因、学びについて、人付き合いについて、健康について、時間を無駄遣いせずに、もっと・もっと親子が、根本に戻って、真剣に取り組めば、不登校問題は、早く解決するのにと思う毎日です。

子どもとのその状態に見切りをつけるのは、子どもではなく、「親」です。
 
子どもから何かアクションがあるだろうと思いたい気持ちはわかりますが、それはまるで桃太郎症候群の状態。待っていると、時間だけ過ぎて、核になっている原因だけでなく(不登校になったら最初に読む本の中では第一の「イヤの壁」と表現しているものです)、年齢が増して起こる問題が雪だるま式に増えていきます(これが第三のイヤの壁ですね)。
見方を変えれば、親が、大人の知恵で早めに見切りをつけ、子どもを助けることができるということでもあります。

元気学園との出会いで、親子の悩みに解決のきっかけがうまれ幸せにつながるような、良い出会いができればと思います。

今日も快晴。外で縄跳びをしたら、気持ちがよかったです。写真は、日本平キャンパスからの富士山。こんなにきれいでした。

前
運動と勉強を組み合わせると脳の働きがアップ
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)
  • バス旅行、浜松城は出世城!
    浜松までバスでお出かけ。新入生は、過去を引きずってきます。不登校に至る過程での思い、ツラかった事、決して幸せではない過去を・・・。それらを、お出かけという気分転換で、吹き飛ばしていこう!!
    (2016年3月31日)
  • 卒業式2016
    答辞は会場中がすすり泣き。
    不登校をしていた頃。
    最初は、叱ったりおだてたりしていたお母さんが、だんだん、何も言わなくなってしまった・・その時間。
    自分なんか、消えてしまえばいい。
    「誰か助けて」と心の中で叫んでいた。
    …涙と感動の卒業式でした。
    (2016年3月23日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.