TOP > コース紹介 > 大学受験について

大学受験について

大学合格だけじゃない、入学してから困らない力を

中学や高校で不登校や引きこもりをしていても、自分の問題を一歩一歩着実に解決して、大学に進学する道が、元気学園では開けています。

元気学園では、予備校とは違った教え方をしています。一人一人に合わせて、教材も、声掛けも、勉強の進め方も違います。

中には、元気学園に来て、生活も勉強の仕方も変えることで、模試の成績の偏差値が15も上がり、得意科目の数学では20以上あがって、全国一位になって、晴れて希望校に合格した生徒もいます。
しかし、大学の合格はゴールではなく、スタートです。受験は一日だけれど、学校は毎日。

大学生になる前に、大学生活で困らない、さらに、就職に結びつける力を、しっかり準備しておくのが元気学園の大学受験の姿勢です。

そのための実力=体力・学力・コミュニケーション能力を付けることは、こちらのページで確認してください。

最近の傾向としては、不登校問題の先送りが起きて、大学の不登校がたいへん増えています。学力の低い大学ほど、中退率が高く、3人に1人というデータがあります。それに、大学に不登校になると、働くことにつながらず、引きこもってしまう人も多いのです。

だから、そうならないために、「大学受験+α」の、入学してから困らない力をつけるのが元気学園の大学受験コースです。

元気学園は、ホームページを隅から隅まで読んでもらうとわかると思いますが、結果を手に入れるところです。将来につながる大学生活ができるようサポートしています。

不登校からの大学受験
[勉強は?生活は?どうやって乗り切ったの?]:大学受験合格白書 

元気学園の指導ポイント

 中学・高校の不登校状態から、大学受験をするにあたって、元気学園では、次の3つの事をポイントに教育しています。

1. 大学入試を突破できるだけの実力をつける

国公立大学、難関大学、医療系の大学をはじめとする、文系理系両方の指導をしています。勉強の仕方を教え、一人一人に合わせて、細やかに受験勉強を教えます。入試科目の選択から、受験校の決定まで、細やかです。寮生活では、生活や健康状態の維持まで、一貫して行っています。

 2.  大学に行って困らない能力を高校生の間に身に付ける

大学入試は一日ですが、その後大学に行き続けられるかどうかこちらの方が、難しい問題です。不登校を繰り返さないように、しっかりとした実力をつけて、船出しましょう。
どんな力が必要かと言うと

学校生活を送れるだけの体力がある

通学して、積極的に学んで、家に戻ってくる。勉強をしないならアルバイトができるくらいの余裕が必要です。

人の中にいても、疲れない

不登校をしていた子どもたちの中では、「人の中にいるというだけで疲れる」という子が、意外と多いのです。人と一緒にいることが楽しければ、ハッピーキャンパスライフ。人と一緒で疲れるようでは、毎日が苦痛になってしまいます。

レポートを提出できる

ゆとり世代の大学不登校生からは、「レポートを書けないから大学に行けない」というのが、最も多い相談です。
文章が書ける。自分の意見を述べることができる力は、すぐにつくものではありません。時間をかけてじっくり育て上げます。

授業が理解できる

大学での、1時間半あまりの授業に居眠りをしてしまったり、集中力がもたない。これでは、決して理解できませんよね。中学や高校とは違って、大学では自分で学ぶ力が必要とされます。わからないところを調べたり、聞いたり、友達のネットワークを通じて、自分の理解を確認できるようになるために、寮生活は一役買っています。

 同級生とのコミュニケーションがとれる。助け合える

授業や宿題の情報を得るための友達は不可欠です。頼める相手を見つけて、お互いにギブ&テイクの関係になれるように、相手に与えるものの引き出しを作らないとね。
実験がある学部に進学するには、言葉で、伝え合うコミュニケーション能力と他人にスピードも合わせることも学んでおきます。

 雇用に直結する能力を手に入れておく

大学に入って、学生はできるけれど、働けないというのはたいへん困ったことです。働けないというのは、親子にとって、深刻な問題です。
就職の時期になっても働くつもりがないという子どもたちも、その親も、そのうち、どうにかなると思っているようですが、どうにもならないことがあまりにも多すぎて・・・・・(^_^;)。
準備は、中学・高校の間、いえ、それ以前から始まっています。
働いて自分の生活を支えるのだという自覚と、雇用に直結する能力を、学園生活の中で、日々のお手伝いや、生活の中での問題解決能力を上げることでつけていきます。

見積もる力

課題をするのに、「前日、夜遅く始めて、明け方までやってしまう。」次の日は、ヘロヘロで、体が動かないから休む。授業に出たとしても、聞いていない。
これが、はじまると、アウト!です。
この課題には、「どのくらいの時間がかかるのだろう?」とあらかじめ時間を見積もることができないかぎり、いつか無理が続かなくなってしまいます。
だから、大学生になる前に、見積もり力をつける練習が必要なのです。

完璧を求めない性格

「宿題は完璧にしたい。できるだけ良い点数を取りたい。」という傾向があります。
しかし、大学の勉強は、中学や高校と違って、答えが確実にあるものではありません。だから、完璧という基準があってないようなもの。
だから、「どうにか合格できればよい」と、柔軟な考え方を持ち、友達と自分の出来具合を確認しあいながら、やっていけることがうまくクリアできる方法です。

 3. プライドに合った学校に入りたい

医者になりたい、薬剤師になりたい、このくらいのレベルに入りたい。
子どもは、親の期待や、職業の影響を大きく受けています。
親が医師のところは、最初は、「絶対にそんな気はない」というのですが、受験前になると、模試の志望校がオール医学部!になっていたりします(^_^;)。
最初は、みんな「どうせ、自分なんて。」と、拗ねて隠しています。
しかし、実力がついてくると、本当のことを言い始めます。
プライドと実力のバランスをとることは、子どもの心の核心(ど真ん中)にあるものです。
大人になってからの長い一生を、活き活きと暮らすために、とても重要なことです。

前
高卒認定試験について
次
合格した大学
このサイトについて

元気学園の名前の由来:虚弱である、朝起きできない、低血圧、頭痛などの体調不良を訴える健康上の問題を抱えた子どもたちを元気で活発にすることから名付けられました。

サイトマップ

携帯サイトのご案内

フリースクール元気学園 携帯サイト
元気学園携帯サイト

ブログ不登校365日

元気学園ソーイング部

家から出ない、学校に行けないのは心のせいだけじゃない!

不登校の「本当」を知りたい人、解決のヒントが欲しい方どうぞ
著者:元気学園校長小林高子

元気先生の不登校相談室

元気先生の不登校引きこもりQ&A

今悩みを抱えているお母さんたちに、相談室を開催しています

ブログ 新着記事

[不登校365日24時間]
ほぼ毎日更新しています!

不登校や引きこもりいろんな悩みを抱えた子供たちとの生活。 フリースクール元気学園独自の教育について。 生徒の保護者の方々が、我が子の毎日の様子を知り、楽しんで下さっています。

更新情報
  • 母の日だから素直にありがとうを伝えたい
    母の日に送った葉書き。恥ずかしいけど、いい気分でもあって、こそばゆい。
    そして、母からのお返事のコメントを読むと、ニコニコしながら応援してくれている姿を感じられて、ほっと一安心。

    不登校でこじれた親子関係を再構築していっています。
    (2017年7月19日)
  • 家族と行く修学旅行、万里の長城
    家族と共に海外への修学旅行。
    万里の長城へ来てしまった!!
    山ほど世界遺産を見て、おいしい食べ物に舌鼓。
    可愛いパンダにも会ってきました! :-)
    (2017年7月6日)
  • 信州・斑尾高原の旅
    信州・斑尾高原へ一泊二日旅行に行ってきました。
    いつも、一緒に寮生活しているみんなですが、リゾートホテルに泊まるのは、新鮮!楽しみ!ワクワク!
    水着持って、お小遣いもって、レッツゴー。
    もちろん、プールも温泉もゴルフも楽しみですが、それだけでは終わらないのが、元気学園の旅。必ずそこには、「学び」があります。ちょうど、真田幸村のことを大河ドラマでしているので、それに関連する学びの旅となりました。
    (2016年6月23日)
  • 梅狩りボランティア 2016
    「今年もよく来てくれました。ありがとうございます。どうぞ、よろしくお願いします。」から始まったボランティア活動。
    若者が、過疎地域をサポートするという、元気学園の「お助け隊チーム」が、活躍します。
    (2016年6月9日)

元気学園のソーイング倶楽部ブログ

元気学園動画はこちら

掲載の記事・写真・図表など、すべての無断転載を禁止します。 copyright © 1995フリースクール 元気学園 All Right Reserved.